高杉真宙&関水渚共演のハートウォーミング・ラブストーリー『いつか、いつも‥‥‥いつまでも。』公開決定

高杉真宙主演映画『いつか、いつも‥‥‥いつまでも。』の公開が決定。ヒロインには関水渚を迎え、偶然のいたずらでひとつ屋根の下で暮らすことになった2人の恋と家族の繋がりを描く。

映画 邦画ニュース
『いつか、いつも‥‥‥いつまでも。』(C)2022『いつか、いつも‥‥‥いつまでも。』製作委員会
  • 『いつか、いつも‥‥‥いつまでも。』(C)2022『いつか、いつも‥‥‥いつまでも。』製作委員会
  • 高杉真宙
  • 関水渚/『ウェディング・ハイ』完成披露試写会

高杉真宙主演映画『いつか、いつも‥‥‥いつまでも。』の公開が決定。ヒロインには関水渚を迎え、偶然のいたずらでひとつ屋根の下で暮らすことになった2人の恋と家族の繋がりを描く。

海辺の診療所で祖父と共に働く医者・俊英。彼の前にある日、憧れの女性そっくりな亜子が現れる。胸ときめくも束の間、こじらせ女子の亜子に振り回され、彼の理想像は粉々に。だが、あきらめきれない夢と現実の間で傷つく亜子の素顔を知るにつれ、彼の何かが変わっていく。そして亜子もまた、俊英や“じいさん”、家政婦のキヨさんと囲む家族(仮)のあたたかい食卓に、かけがえのないものを見出していく――。

高杉さんが演じるのは、感情表現が苦手でそっけない態度の裏に、優しさを隠した主人公・俊英。『コンフィデンスマンJP』シリーズや『ウェディング・ハイ』、今期の月9ドラマ「元彼の遺言状」などに出演するいま注目の若手、関水さんが演じるのは、主人公の憧れの人とそっくりだが、真逆なイメージの亜子。一緒に暮らすことになった俊英と彼の家族の温かさに触れ、次第に自分自身を取り戻していく純粋でまっすぐなヒロインだ。

関水さんとは初顔合わせとなった高杉さんは、「演技のリズムをつかむために、互いに会話をしながら役を作り上げていった」と言い、関水さんは高杉さんについて「最初は緊張したのですが、すごく優しく接していただいたおかげで、リラックスして亜子を演じることができました」とふり返っている。

監督は、『8月のクリスマス』『西の魔女が死んだ』の長崎俊一。矢沢由美のオリジナル脚本の映画化となる。

<高杉真宙 コメント>
主人公の俊英とは、”一度決めたらこう”という頑固な性格が自分自身と似ていると思います。俊英と亜子の2人の軸でまわっているストーリーなので、関水さんとはリハーサルや本番を通してやりづらいところを確認したり、また撮影の合間に積極的にコミュニケーションを取りながら役を作り上げていきました。初めてお目にかかる方とたくさん話せるほうではないのですが、関水さんはとてもフランクにお話しできる方。スタッフさんとの距離感も近く、みんなで一緒に作っている感覚がすごくあった作品だと思います。

<関水渚 コメント>
亜子が俊英の家族と出会って日々を過ごしたように、撮影中は、私自身もスタッフさんやキャストのみなさんと楽しい毎日を過ごさせていただきました。映画のタイトルのように”いつまでも”この毎日が続いたらいいな、終わったら寂しいな、、、と思う日々でした。高杉さんはとても優しく接してくださって、俊英と亜子の役柄にちょっとずつ近づいていくことができ、自然に演じることができました。

『いつか、いつも‥‥‥いつまでも。』は10月14日(金)より全国にて公開。


《cinemacafe.net》

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top