岩本ナオ原作「金の国 水の国」アニメ映画化決定!ティザービジュアル解禁

岩本ナオによる大ヒット漫画「金の国 水の国」のアニメーション映画化が決定し、ティザービジュアルが解禁された。

映画 邦画ニュース

岩本ナオによる大ヒット漫画「金の国 水の国」のアニメーション映画化が決定し、ティザービジュアルが解禁された。

敵対する2つの国。決して出会うはずがなかった、おっとり王女サーラとお調子者の建築士ナランバヤル。国の未来のため、突如“夫婦役”を演じることになってしまった2人は、自分でも気づかぬうちに、恋に落ちてしまう。国をも動かす2人の禁断の恋、その先にある、誰も見たことのない奇跡とは…。

本作の原作となるのは、2017年(「金の国 水の国」)、2018年(「マロニエ王国の七人の騎士」)と連続して、異なる作品で「このマンガがすごい!」で1位(オンナ編)を獲得した唯一の作家、岩本ナオの同名漫画。各コミックレビューでは「登場人物が魅力的」「独特な世界観に惹き込まれる」と、その確かな構成力に圧倒される声に加え、「全てを兼ね備えた美しい物語」「気分が晴れやかになる」「しあわせな気持ちになる」「相手を思いやる純粋な気持ちが美しい」「癒されたい時に読み返す」とかつてない読後感に賞賛の声が上がっている。ファンからの口コミが広がると、発行部数は単巻コミックスながら40万部を超え、不朽の名作として部数を伸ばし、多くの読者に読み継がれている。

新感覚の読後感にくわえ、ファンを虜にする本作の魅力として、緻密な描き込み、ありそうでなかった世界観がある。その壮大な世界観はページ見開きで表現されるが「カラーで見たい」「この雄大な世界でキャラクターが動いている様子が見てみたい」と映像化を期待する声が多数寄せられていた。

満を持しての映像化のために集まったのはベテランから急成長の若手注目株までの豪華クリエイター陣。監督は、確かな演出力でオファーが絶えない渡邉こと乃。アニメファンの心をつかんだ「ちはやふる」「俺物語!!」で頭角を現し、若手ならではのみずみずしい感性と勢いで作品をけん引する。

脚本は「HUGっと!プリキュア」のシリーズ構成を手掛け、ドラマ「コウノドリ」「マッサン」で心の機微を丁寧に表現し、エモーショナルな感動を作り上げる名手・坪田文。

アニメーション制作は、『サマーウォーズ』や「ちはやふる」などで知られるアニメーション制作会社マッドハウス。ハリウッドにも多くのファンを持つ川尻善昭、「NANA」「ちはやふる」「カードキャプターさくら」など多くの作品で監督を歴任してきた浅香守生、「ダイヤのA」「若おかみは小学生!」で高い評価を得る増原光幸など、マッドハウスのスタークリエイターが渡邉監督のもとに集まった。

また、原作者・岩本ナオからもコメントが到着。初めての映像化を聞いた岩本さんはうれしさを爆発させ、監督やキャラクターデザイナーとの打合せにも協力的な姿勢で参加。アフレコで動く自身のキャラクターを初めて目の当たりにして、アニメーターの力量に感心しきりで、映画化決定に際して「自分が紙の上に描いた人物たちがスクリーンの中で動いたり喋ったりしている姿を見れるのを楽しみにしてます」とコメントを寄せた。

本情報と併せて解禁されたティザービジュアルは、幻想的な月夜、橋の上で出会う主人公ナランバヤルとサーラが映し出されている。ナランバヤルがサーラを呼び止めようと何か言葉を発しているのだろうか、サーラはハッとしたように振り返らんとしている瞬間がとらえられ、ここから何かが始まる予感に満ちた1枚となっている。

原作の印象的なシーンからインスピレーションを受けて描き起こされたこのビジュアルを見た岩本さんは「このシーンにカラーを付けたことはなかったのですが、きれいな色使いがすごく神秘的で物語の世界観がよく表れていると思いました。ナランバヤルとサーラの動きと表情にも、何かが始まりそうな躍動感があり、映画の完成が一層楽しみになりました」と感動の声を寄せた。

ナランバヤルは猫を肩に乗せ、サーラは犬を大事そうに抱き抱えている。この動物たちは物語にどう絡んでいくのか、この橋の上でナランバヤルはサーラに何と言葉を掛けているのか…。この後の展開を想像したくなる心躍るティザービジュアルとなっている。

『金の国 水の国』は2023年春、全国にて公開。


金の国 水の国 (フラワーコミックススペシャル)
¥550
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)

《text:cinemacafe.net》

特集

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top