【インタビュー】山崎賢人が『キングダム2』で感じた信の強さと優しさ 「哀しみを知っているから」言える言葉がある

インタビューを通じて、彼の口からこぼれる言葉のひとつひとつが、凄まじいまでの熱を帯びている。まるで『キングダム』で演じた信のように。

最新ニュース インタビュー
山崎賢人『キングダム2 遥かなる大地へ』/photo:Jumpei Yamada
  • 山崎賢人『キングダム2 遥かなる大地へ』/photo:Jumpei Yamada
  • 山崎賢人『キングダム2 遥かなる大地へ』/photo:Jumpei Yamada
  • 山崎賢人『キングダム2 遥かなる大地へ』/photo:Jumpei Yamada
  • 山崎賢人『キングダム2 遥かなる大地へ』/photo:Jumpei Yamada
  • 山崎賢人『キングダム2 遥かなる大地へ』/photo:Jumpei Yamada
  • 山崎賢人『キングダム2 遥かなる大地へ』/photo:Jumpei Yamada
  • 山崎賢人『キングダム2 遥かなる大地へ』/photo:Jumpei Yamada
  • 『キングダム2 遥かなる大地へ』(C)原泰久/集英社 (C)2022 映画「キングダム」製作委員会

インタビューを通じて、彼の口からこぼれる言葉のひとつひとつが、凄まじいまでの熱を帯びている。まるで『キングダム』で演じた信のように。

信という直情型の熱い主人公を演じ切った『キングダム』は、2019年に公開され興行収入57.3億円を叩き出し、この年の邦画実写No.1作品に輝き、山崎さんの代表作となった。そして、待望の続編となる『キングダム2 遥かなる大地へ』がついに公開を迎える。

果たして『キングダム』という作品、信という役柄との出会いは、山崎賢人をどのように変えたのか――?

「プレッシャーよりもワクワクするような気持ち」


――前作『キングダム』が公開を迎えるまで、原泰久さんによるこの大人気漫画の実写化に対して否定的な声も少なくありませんでした。主演としてプレッシャーもあったかと思いますが、公開されてからの数多くの称賛の声や57.3億円の大ヒットという結果をどのように受け止めましたか?

実写版『キングダム』の世界観をどうやって作り上げていけばいいのか? 明確な“答え”が見えない状態で始まりましたが、とにかく現場の熱量が凄まじかったし、自分自身も全身全霊で挑ませてもらいました。それがあれだけの熱い作品、日本の映画ではなかなかないスケールの映画として完成して、嬉しかったですし、それを実際にたくさんの方に観ていただけて、楽しんでもらえたのは素直に嬉しかったです。

――大ヒットという結果に安堵する気持ちもありましたか?

自分としては「やれることは全てやった」という気持ちでしたが…、それでもホッとした部分はありましたね。普段から数字はあまり気にしないようにしてはいますけど、きちんとヒットしたのはやっぱり嬉しかったです。

――その数字があって実現した今回の続編ですが、前作からスケールアップし、合戦シーンもあるなど、ゼロから全てを作り上げた前作とはまた異なる難しさやプレッシャーもあったかと思います。

そこは、信が初めて戦場に出ていくときの気持ちとも重なるというか、プレッシャーよりもワクワクするような気持ちが大きかったですね。やる気満々で、アクションの練習も早めに始めましたし、武者震いするような気持ちというか、良い意味での緊張感がありました。

――前作では厳しい減量を行なったそうですが、もう一度、そういう厳しい状況に自身を持っていくのはつらくなかったですか?

今回の信は、前作でいろんなことを乗り越えてより強くなっていたので、前作のように(過酷な環境で生きる信を体現するために)減量をして…ということはなかったので、そこまでつらいという感じではなかったです。どちらかというと「強く優しく」、「たくましくみんなを引っ張っていく」という気持ちで、思い切り暴れてやろうという思いでした。

――今回、再び演じてみて、信という人間に対して発見や新たに魅力を感じたところはありましたか?

信は、前作で漂という大切な存在を失っていて、その哀しみを知っているからこそ、本作で出会った同じような境遇の羌瘣(きょうかい/清野菜名)が「姉の仇を討てたら死んでもいい」と言うのに対して、ストレートな言葉で「ふざけんな」と言えるんですよね。

そこで“夢”の話をするんですけど、出会ったばかりの相手に「死んじゃダメだ!」と言える信はやはり優しいし、みんながどこかで躊躇してしまったり、言いづらかったりすることを力強く言えるっていうのは、信の魅力だなと改めて思いました。

信が羌瘣に言う言葉って、実はいまの時代、みんなが言ってほしい言葉なんじゃないかって思うんです。映画を観に来て下さった人たちに、信を通して『生きる』という力強さを伝えられたらと思います。


《text:Naoki Kurozu/photo:Jumpei Yamada》

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top