ハリー・スタイルズ、ヴェネチア国際映画祭で演技について語る「誰かになりきって掘り下げていく」

『ダンケルク』で俳優デビューを果たし、マーベル映画の『エターナルズ』にも出演。着々と俳優業のキャリアを積んでいるハリー・スタイルズの主演作『ドント・ウォーリー・ダーリン』がヴェネチア国際映画祭で初上映を迎えた。

最新ニュース ゴシップ

『ダンケルク』で俳優デビューを果たし、マーベル映画の『エターナルズ』にも出演。着々と俳優業のキャリアを積んでいるハリー・スタイルズの主演作『ドント・ウォーリー・ダーリン』がヴェネチア国際映画祭で初上映を迎えた。

ハリーはレッドカーペットに「グッチ(Gucci)」のスーツで登場。同じく主演のフローレンス・ピューはゴージャスな「ヴァレンティノ(Valentino)」の衣装を着用。あまりのまばゆさに、共演者のクリス・パインがパパラッチのようにパシャパシャとフローレンスの写真を撮る姿が激写されていた。

記者会見では、記者から「あなたにとって演技と音楽は似ているものでしょうか? それとも全く違うのでしょうか?」と質問を受けたハリー。「演技と音楽は、多くの意味で反対のものだと思っています。音楽作りはとても個人的なもの。演技は、自分の経験などをもとにするという部分もありますが、ほとんどは(自分ではない)他のだれかを演じるフリをするもの。それが演技で一番面白いところですね。誰かになりきって色々なことを掘り下げていくという」と自身の考えを述べた。

「音楽は(演技よりは)まぁ長くやってきたので、ちょっと安心感があるかな。演技の好きなところは、自分がなにをやっているのか全然わからないと感じるところです。すごく楽しい!」と笑顔を見せた。

《賀来比呂美》
賀来比呂美

休日は猫とお酒と海外ドラマ♪ 賀来比呂美

大学で映画学を専攻、卒論のテーマに『ガタカ』を取り上げる。卒業後は映画やドラマのロケ地で有名なバンクーバーに留学し、街中に溶け込むベニチオ・デル・トロやアイス・キューブを見かけて大興奮。映画三昧の生活を送る。帰国後、数社を経て雑誌編集者として出版社に勤務。シニアの愛猫と過ごす時間を増やすべく、2016年からフリーランスライターに。執筆ジャンルは映画、音楽、ペットなど。人の話を聞くのが大好きで、俳優、ピアニスト、医師など数百名への取材経験あり。

特集

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top