平野紫耀“黒崎”と佐々木蔵之介“宝条”、2人の今後の戦いに「どんな戦いになるんだろう…」など視聴者注目「クロサギ」第6話

「クロサギ」第6話が11月25日放送。時任勇気演じる鷹宮の“豹変”に「今日イチこわいわ」「助教の本性がバレ始めてる」などの反応が上がるとともに、“真の仇”宝条との今後の戦いに思いを馳せる視聴者のコメントもSNSに上がっている。

最新ニュース スクープ
「クロサギ」第6話(C)TBS
  • 「クロサギ」第6話(C)TBS
  • 「クロサギ」第6話(C)TBS
  • 「クロサギ」第6話(C)TBS

「クロサギ」第6話が11月25日放送。時任勇気演じる鷹宮の“豹変”に「今日イチこわいわ」「助教の本性がバレ始めてる」などの反応が上がるとともに、“真の仇”宝条との今後の戦いに思いを馳せる視聴者のコメントもSNSに上がっている。

父親が詐欺の被害に遭い家族を失った少年が、詐欺師を騙す詐欺師=クロサギとなって、自分の家族を奪った相手に復讐していく…というストーリーの本作。

家族の仇である御木本から“さらなる敵”の存在を示唆された“詐欺師を騙す詐欺師”クロサギ・黒崎高志郎を「King & Prince」平野紫耀が演じ、法学部の学生として、法律の力で人が救われる社会になることを目指している吉川氷柱に黒島結菜。

ある理由から詐欺師を激しく憎んでいる刑事・神志名将に井之脇海。黒崎を“クロサギ”に育てた桂木の腹心でボディガードでもある早瀬かの子には中村ゆり。黒崎の父の被害届を受理した刑事で神志名の上司の桃山哲次に宇野祥平。

企業を相手にするシロサギの白石陽一には山本耕史。氷柱が学ぶ政和大学法学部の助教・鷹宮輝には時任勇気。黒崎に救われた氷柱の父・吉川辰樹には船越英一郎(特別出演)。日本最大手メガバンク・ひまわり銀行の執行役員で桂木と裏で通じている宝条兼人に佐々木蔵之介。黒崎にシロサギの情報を売っている詐欺業界のフィクサー・桂木敏夫に三浦友和といった面々が出演。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。

上海から帰国した黒崎は御木本が最後に遺した「お前の仇は俺で終わりじゃない」という言葉がずっと心に引っ掛かっていた。桂木のもとを訪れた黒崎は、大学生を裏バイトに誘い詐欺に加担させ、マンション投資詐欺にも手を出しているシロサギの情報を得る。帰り際、黒崎は「かつら」に入っていく宝条の姿を見かけいぶかしむ。一方、裏バイトに加担させられ金をだまし取られた同級生を救おうと、氷柱は弁護士の熊谷真紀子(さとうほなみ)を紹介するが、彼女もまた詐欺グループの一員で…というのが今回のストーリー。

裏バイトをしていた同級生が停学になったことを知った氷柱は、鷹宮が学長に学生の裏バイトを報告したことを知る。学生の自業自得だと言う鷹宮に、氷柱は学生を処分するだけではなく、詐欺の被害者でもある学生たちに法律的な助言などをして欲しかったことを伝えるが、鷹宮は「法律が守るのは罪のない善良な人間だ!」と氷柱を怒鳴りつける。

これまでの優し気な態度から豹変した鷹宮に「この先生が今日イチこわいわ」「助教の本性がバレ始めてる。恐ろしい…」「先生こわっ 影がありそうだったけど…」などの声が続々とSNSに上がる。

またラストでは黒崎が自分の“真の仇”が宝条だと気づく…「真の仇、宝条とこれからどんな戦いになるんだろう…」「これからまた闘いが始まるんだね、、御木本よりもさらにさらに強敵そう」「宝条との対決?怖いよぉ黒崎どうなっちゃうの」など、今後の展開に期待の声が上がるとともに「真の仇・宝条に黒崎が立ち向かうとき桂木がどう動くのか気になります!」と、桂木の動向を気にかけるコメントや、「黒崎が早く解放されて幸せになってほしいな」と黒崎の未来を案ずる声まで、SNSには様々な感想が投稿されている。

【第7話あらすじ】
黒崎は桂木には何も告げず宝条の周辺を探る。宝条と彼が目をかけている支店長の集まりに潜入した黒崎は、首都中央支店の支店長・牛山(山口紗弥加)に目を付ける。同じ頃、東京中央署では神志名に警察庁への異動が命じられていた。 牛山に接触した黒崎は首都中央支店でとある家族が「人殺し!」と叫び、外に連れ出される場面に遭遇。黒崎は被害者家族を巻き込み、ひまわり銀行に詐欺を仕掛ける…。

「クロサギ」は毎週金曜22時~TBS系で放送。

《笠緒》

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top