※本サイトはアフィリエイト広告を利用しています

ミシェル・ヨー、その映画人生が“マルチバース”!香港映画からMCUまでプレイバック

アジアのレジェンド、ミシェル・ヨーの映画人生は、様々な平行世界を行き来する『エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス』の主人公そのもののように見えてくる!?

最新ニュース コラム
注目記事
『エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス』 © 2022 A24 Distribution, LLC. All Rights Reserved.
  • 『エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス』 © 2022 A24 Distribution, LLC. All Rights Reserved.
  • 『エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス』 © 2022 A24 Distribution, LLC. All Rights Reserved.
  • 『エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス』© 2022 A24 Distribution, LLC. All Rights Reserved.
  • 『エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス』 © 2022 A24 Distribution, LLC. All Rights Reserved.
  • 『エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス』 © 2022 A24 Distribution, LLC. All Rights Reserved.
  • 『エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス』 © 2022 A24 Distribution, LLC. All Rights Reserved.
  • ジェイミー・リー・カーティス&ミシェル・ヨー Photo by Amy E. Price/Getty Images for SXSW
  • ミシェル・ヨー/第80回ゴールデン・グローブ賞 Photo by Gilbert Flores/Variety via Getty Images

先日、無料配信された全米映画俳優賞(SAG)にて『エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス』でアジア俳優にして初の主演女優賞を受け取り、感極まりながらのスピーチが話題を呼んだアジアのレジェンド、ミシェル・ヨー

本年度アカデミー賞では主演女優賞や作品賞を含む10部門11ノミネートを果たした、このカオスで奇妙なマルチバース・アクション・アドベンチャーがついに日本公開! アジア発のアクションヒロインの先駆者にして、『007』ではいわゆる“ボンドガール”も経験、『クレイジー・リッチ!』では大富豪となり、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の『シャン・チー/テン・リングスの伝説』でもキレキレのアクションを見せた彼女自身の映画人生を紐解くと、様々な平行世界で生きる本作の主人公エヴリン・ワンそのもののようにも見えてくる。


『エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス』は「一生もの」


世界興行収入で1億ドル超え、「A24」史上最大のヒット作となっている『エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス』。SAG賞では作品賞にあたるキャスト賞を含め4冠を達成したが、やはり同業者からの評価は格別の喜びだったらしい。

壇上にのぼったミシェルは額に“目”を作りながら、俳優たちへの感謝とともに、「これは私だけのものではありません。私と同じような見た目のすべての少女たちのものです。この仕事を本当に愛しているからこそ、やめるつもりはありません」と涙をこらえつつ語っていた(感激のあまり、ついFワードも飛び出してしまったほど)。

ミシェルの前にも、共演以来、大親友となった同助演女優賞のジェイミー・リー・カーティス、アジア俳優初の助演男優賞を獲得したキー・ホイ・クァンも感動的なスピーチ。そして、キャスト賞受賞で皆に称えられた本作の父・ゴンゴン役の94歳のジェームズ・ホンは、スピーチの締めくくりにミシェルがゴールデン・グローブ賞の授賞式で言った「静かにして!私はあなたを打ちのめせる(Shut up! I can beat you up.)」を引用して会場の笑いを誘い、本作が評価された意義とチームの連帯を改めて示していた。

本作でミシェル・ヨーが演じたのは、毎日毎日、家庭とコインランドリー店を“回して”いくのに精一杯な主婦エヴリン・ワン。父を介護しながら、確定申告のための領収書をテーブルに広げて頭を抱え、やること・考えることが山積みの白髪交じりの女性だ。

夫ウェイモンド(キー・ホイ・クァン)はまるで頼りなく、ひとり娘のジョイ(ステファニー・スー)は大学を中退し、ガールフレンドと家を出ようとしている。ジョイは将来への期待や夢を持てず、愛する人とささやかに暮らせればいいという、日本でいうところの“さとり世代”のよう。家族には自分のことを分かってほしいと願っているが、母エヴリンとは衝突してばかり…。

これほどまでに冴えない、生活感丸出しの役柄はミッシェルのキャリア史上おそらく初めて。だが、ミシェルは「エヴリン・ワン役は私の40年のキャリアからの授かりもの。まさに一生ものの役」とInstagramでコメントするほど、この役を愛している。

当初、監督のダニエルズ兄弟はジャッキー・チェンを主演にした父親の企画を考えていたそうだ。しかし、彼の出演が流れたことで物語の設定を母親に変更したとき、「脚本に命が宿ったような気がして、主役はミシェル・ヨーだと確信した」という。

そして「年を取れば取るほど、演じる役は小さくなっていく」とインタビューでも再三語っているミシェルは、このオファーを大切に受け取った。40年に及ぶキャリアの中で映画界の多様性・包括性とともに、性別や肌の色、人種によって求められるステレオタイプからの脱却を訴え、リスクを恐れずにさまざまなチャレンジをしてきたミシェルは、“誰かの母親で、誰かの娘である、ごく普通の年配のアジア系移民女性”の物語においてもステレオタイプを打破してくれた。

また、今回、“アジア人初”のアカデミー賞主演女優賞候補となったことも意味深い。1936年にも、マール・オベロンが『ダーク・エンジェル』で同主演女優賞にノミネートされたが、マールは英国とインドのダブルであったことを公にせず英国人として活動していたという。ミシェルはアジア人であることを自認する初の主演女優候補、ということだ。

ただ、ミシェルは多くの素晴らしい俳優たち、共に立つ仲間たちや先人たちがいるからだと常に感謝を口にしており、こうした“アジア俳優として”といった言い方そのものは「過去のものになることを望んでいます」として、「私たちのような顔の俳優がノミネートされ、役を演じる機会が平等に与えられることが普通になってほしい」とトーク番組「The Late Show With Stephen Colbert」でも語っている。

さらに「People」に語ったところによれば、「現在のキャリアは母のおかげ」だという。彼女の母ジャネットは大の映画好きで、チャンスさえあったならば自身が映画スターになりたかったそうだ。本作が実は、マルチバースを舞台にした母と娘の愛の物語であることを踏まえれば、ミシェル自身の思いも少なからずエヴリン役に反映されていることだろう。


香港映画界からハリウッドへ!
主演もスタントもこなす


1962年8月6日生まれ、マレーシア出身。両親は華僑。いまでもトレーニングを欠かさないというミシェルは、4歳のころからバレエを習い、テニスや水泳などに親しんできた。10代でロンドンのロイヤル・アカデミー・オブ・ダンスにバレエ留学するも、ケガのためにバレエを断念し演技と振付で学位を取得。1983年にミス・マレーシアに選ばれたことをきっかけに、香港映画界を代表するD&B Filmsのサモ・ハン・キンポーに見出され、1984年にジャッキー・チェンとCMで共演、サモ・ハン監督・主演『デブゴンの快盗紳士録』の端役でスクリーンデビューする。

第80回ゴールデン・グローブ賞にて

80年代は『皇家戦士』(86)『チャイニーズ・ウォリアーズ』(87)などに出演し、1987年にD&B Filmsを所有する富豪と結婚し一時引退。離婚を経て、1992年にジャッキー・チェンの人気シリーズ『ポリス・ストーリー3』で復帰。その後もアクション俳優として『ワンダー・ガールズ 東方三侠』(93)『詠春拳』(94)など香港で大活躍を続け、1997年に『007 トゥモロー・ネバー・ダイ』に抜擢され、ミシェル・ヨーとしてハリウッドデビューする。

『SAYURI』来日記者会見時

アン・リー監督の『グリーン・デスティニー』(00)や、『SAYURI』(05)『バビロンA.D.』(08)などの作品で人気を確立し、『カンフー・パンダ2』(10)や『ミニオンズ フィーバー』(20)など、アニメ映画でもカンフーの先達役を演じてきた。MCUの『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』(17)にもカメオ出演している。

2002年には初のプロデュース作品『レジェンド 三蔵法師の秘宝』に主演し、『グリーン・デスティニー』の撮影監督ピーター・パウを迎え、シルクロードを舞台に三蔵法師が遺した秘宝を巡る壮大な冒険を繰り広げた。『シルバーホーク』(04)でも自ら製作総指揮を務め、銀色のマスクとスーツに身を包み正体を隠して悪を退治する近未来のアクションヒロインに扮したこともある。

2007年には、長年にわたる功績によりフランスからレジオン・ドヌール勲章(The Legion of Honour)を授与。2022年には「TIME」誌のアイコン・オブ・ザ・イヤーにも選ばれている。待機作も数多く、『アバター』第3弾以降に博士役で出演が決定しており、『シャン・チー』デスティン・ダニエル・クレットン監督による「アメリカン・ボーン・チャイニーズ」の実写ドラマ化などがある。

『イップ・マン外伝 マスターZ』(2018)より

アジアのレジェンドとして、ときには信念のために戦い、マーベル“初”のアジア系ヒーローのメンターを務め、アジア女性として宇宙へ行ったり、売れっ子芸者にもなったりしてきたミシェル。「決まりきった見方で私のことを見ないから」ダニエルズのような若い監督たちと仕事をするのが好きだという彼女は、これからもガラスの天井を打ち破り、限界を押し広げていってくれるはずだ。


『ポリス・ストーリー3』(1992)
保安局捜査官:ジェシカ・ヤン


カンフーアクションはもちろん、バイクで走行中の列車の屋根にジャンプするなど、ジャッキー・チェンをも凌ぐ超絶スタントを自らこなして大復活、話題を呼んだ。ジャッキー映画ではおなじみのエンディングクレジットのNGシーンでは、まさしく体を張ったスタントに挑んでいたことがうかがえる。


『スタントウーマン 夢の破片』(1996)
スタントウーマン:カン


香港を代表する映画監督7人によるオムニバス作品『七人樂隊』にも参加した女性監督アン・ホイによる、スタント俳優と香港映画界を描いたヒューマンドラマ。同じくサモ・ハンが、劇中でもミシェルの恩人となるアクション監督役で出演し、ワイヤーアクションの裏側を垣間見ることができる。撮影中、ミシェルは実際に重傷を負っている。


『宋家の三姉妹』(1997)
宗家の長女:靄齢(アイレイ)


“新しい中国”のためには新しい女性の力が必要、と考える父のもとで育った実在の三姉妹の生き様から、中国近現代史の概形に触れられる。ミシェルが演じたのは財閥と結婚した長女・靄齢。『東方三侠』『ポリス・ストーリー3』で共演したマギー・チャンが革命家・孫文と結婚した次女・慶齢、『ラストエンペラー』のヴィヴィアン・ウーが蒋介石夫人となった三女・美齢を演じた。


『007 トゥモロー・ネバー・ダイ』(1997)
女性スパイ:ウェイ・リン


メディア王のフェイクニュースによる謀略を取り入れた『007』シリーズ18作目。新華社通信の記者に扮した中国外務局公安部員ウェイ・リンとして、ジェームズ・ボンド(ピアース・ブロスナン)と共闘するまったく新しい“ボンドガール”を体現。ボンドと手錠でつながれた状態でのバイクチェイスシーンをはじめ、彼女に求められたであろうアクションを惜しみなく披露したミシェルは必見。

当時のハリウッドを、「彼らは私が中国人なのか、日本人なのか、韓国人なのか、英語を話せるのかさえ区別できなかった。いつも大声で、ゆっくりと話した」とふり返っている。


『グリーン・デスティニー』(2000)
剣士:ユー・シューリン


チョウ・ユンファ、チャン・ツィイー、チャン・チェンら豪華共演、アン・リー監督が小説「臥虎蔵龍」を映画化した武侠アクション・ラブストーリー。アカデミー賞外国語映画賞(当時)など4部門に輝いた。

以後のアクション映画史を変えたといえる圧巻のワイヤーアクションや、剣術・カンフーシーンはもちろん、最愛の人ムーバイ(チョウ・ユンファ)の伝説の剣・碧銘剣を奪った者でありながら、姉妹のような友情を交わすチャン・ツィイー演じるイェンとの関係性にも要注目。

「ソード・オブ・デスティニー」Netflix配信中

なお、2016年には続編となるユエン・ウーピン監督の『ソード・オブ・デスティニー』がNetflix配信。ドニー・イェンとの再共演や、『エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス』の“料理人”バースで共演したハリー・シャム・Jr.、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』『オールド・ガード』のヴェロニカ・ンゴーら、こちらも豪華共演。


『サンシャイン 2057』(2007)植物学者:コラゾン


ダニー・ボイル監督×アレックス・ガーランド脚本による、おそらく好みがはっきりと分かれるSFサスペンス・アドベンチャー。船長役の真田広之や、MCU仲間のベネディクト・ウォンとともにクルーとして太陽へと向かった。ミシェルに出演してほしかったボイル監督は、彼女が選んだ植物学者役を男性の設定から変更した。


『レイン・オブ・アサシン 剣雨』(2010)
刺客:シーユー/ザン・ジン


韓国の人気俳優チョン・ウソンと夫婦役を演じ、『インファナル・アフェア 無間序曲』のショーン・ユーらと共演し、ジョン・ウーが共同監督。過去を捨てて愛に生きようとするも、その風格がつい現れてしまう、宿命に抗えない刺客を演じた。武術界の覇権を握れるという伝説の秘宝を手に入れたい暗殺組織のボスの理由があまりにも…。


『The Lady アウンサンスーチー ひき裂かれた愛』(2011)
民主化指導者:スー・チー


2021年の軍事クーデターにより現在収監されているミャンマーの民主化指導者を、リュック・ベッソンがメガホンをとり映画化。当時も軍幹部に危険視されていたことから国民がその名を呼ぶことができず、“The Lady”と呼ばれていたスーチーを減量の上、熱演。来日時には「この映画に参加し、周囲の人々に優しく接すること、良い人間であろうとすることを学ぶことができました」と語っていた。


「スタートレック:ディスカバリー」(2017-)
皇帝:フィリッパ・ジョージャウ


これまでも多様性を推し進めてきた「スタートレック」シリーズで、黒人女性初の主人公マイケル・バーナム(ソネクア・マーティン=グリーン)も慕うカリスマ性たっぷりの皇帝…から、平行世界ではまったく別の冷徹にして高潔な皇帝として登場し、人気キャラクターとなった。別バースの関係性が平行世界においても影響するのは、『エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス』にも通じるものが。フィリッパのスピンオフの進捗状況が気になるところ。


『クレイジー・リッチ!』(2018)
シンガポールの大富豪:エレノア・ヤン


主人公レイチェル・チュウ(コンスタンス・ウー)の想像を超えるほどリッチな一家の生まれだった彼氏の母親で、立ち向かわなければならないアジアの伝統・文化・歴史の象徴のような存在を演じた。本作での演技がアカデミー賞では冷遇されたこともまた記憶に新しい。

息子役のヘンリー・ゴールディングとはエミリア・クラーク主演『ラスト・クリスマス』(2019)でも共演、同作では素顔により近そうな(?)“サンタ”を演じた。


『ガンパウダー・ミルクシェイク』(2021)
“図書館員”:フローレンス


図書館に見せかけたワル御用達の武器庫を守る図書館員をアンジェラ・バセット、カーラ・グギーノとともに演じた。ガンアクションはもちろん、鋼鉄チェーンと拳のみで立ち向かうミシェルのカッコよさと、過去にミシェルが出演してきた香港アクション映画のファンであるナヴォット・パプシャド監督の世界で連帯して闘う女性たちの姿は痛快!

なお、3月12日(現地時間)にドルビーシアターで行われる第95回アカデミー賞授賞式では、『ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝』(08)で共演し、今回『ザ・ホエール』の凄みある演技で復活を遂げたブレンダン・フレイザーとW受賞となれば、胸アツの展開必至。『エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス』が10部門11ノミネートからどれだけオスカーを獲得するのかも楽しみだ。

『エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス』は全国にて公開中。

《上原礼子》

「好き」が増え続けるライター 上原礼子

出版社、編集プロダクションにて情報誌・女性誌ほか、看護専門誌の映画欄を長年担当。海外ドラマ・韓国ドラマ・K-POPなどにもハマり、ご縁あって「好き」を書くことに。ポン・ジュノ監督の言葉どおり「字幕の1インチ」を超えていくことが楽しい。保護猫の執事。LGBTQ+ Ally。レイア姫は永遠の心のヒーロー。

+ 続きを読む

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top