※本サイトはアフィリエイト広告を利用しています

スコセッシ監督×ディカプリオ主演『キラーズ・オブ・ザ・フラワームーン』、カンヌで9分間のスタンディングオベーション

5月20日夜(現地時間)、カンヌ国際映画祭でマーティン・スコセッシ監督最新作『キラーズ・オブ・ザ・フラワームーン』が初上映された。

最新ニュース ゴシップ
注目記事
カンヌ国際映画祭『キラーズ・オブ・ザ・フラワームーン』 Photo by Andreas Rentz/Getty Images
カンヌ国際映画祭『キラーズ・オブ・ザ・フラワームーン』 Photo by Andreas Rentz/Getty Images
  • カンヌ国際映画祭『キラーズ・オブ・ザ・フラワームーン』 Photo by Andreas Rentz/Getty Images
  • Apple TV+『キラーズ・オブ・ザ・フラワームーン』
  • Apple TV+『キラーズ・オブ・ザ・フラワームーン』
  • Apple TV+『キラーズ・オブ・ザ・フラワームーン』
  • Apple TV+『キラーズ・オブ・ザ・フラワームーン』
  • Apple TV+『キラーズ・オブ・ザ・フラワームーン』
  • Apple TV+『キラーズ・オブ・ザ・フラワームーン』

5月20日夜(現地時間)、カンヌ国際映画祭でマーティン・スコセッシ監督最新作『キラーズ・オブ・ザ・フラワームーン』が初上映された。

上映後は観客からスコセッシ監督、主演のレオナルド・ディカプリオ、リリー・グラッドストーンらに9分の拍手喝采が送られた。同作の上映時点では、今年のカンヌ国際映画祭で最長のスタンディングオベーションだった。

原作はデヴィッド・グランのノンフィクション作品「花殺し月の殺人 インディアン連続怪死事件とFBIの誕生」で、舞台は1920年代のアメリカ・オクラホマ州。先住民オセージ族の保留地で石油資源が発見された後、連続殺人事件が起き、のちのFBIとなる組織が調査に乗り出すという物語。

キャストはディカプリオ、リリーのほか、ロバート・デ・ニーロ、ジェシー・プレモンス、ブレンダン・フレイザーらが出演している。

スコセッシ監督は拍手が鳴りやまない中、マイクを持って「オセージ族のみなさん、ありがとう。みんながこの映画を通じてつながりました。古くからの友人であるボブ(デ・ニーロ)に、レオ、ジェシー、リリー。オクラホマ州で数年前に撮影しました。時間はかかったけれど、Appleのおかげでここまで来られました」「素晴らしい経験になりました」とあいさつした。

『キラーズ・オブ・ザ・フラワームーン』は10月6日(金)より公開。劇場公開後、Apple TV+にて全世界配信。


ディパーテッド (字幕版)
¥400
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《賀来比呂美》

休日は猫とお酒と海外ドラマ♪ 賀来比呂美

大学で映画学を専攻、卒論のテーマに『ガタカ』を取り上げる。卒業後は映画やドラマのロケ地で有名なバンクーバーに留学し、街中に溶け込むベニチオ・デル・トロやアイス・キューブを見かけて大興奮。映画三昧の生活を送る。帰国後、数社を経て雑誌編集者として出版社に勤務。シニアの愛猫と過ごす時間を増やすべく、2016年からフリーランスライターに。執筆ジャンルは映画、音楽、ペットなど。人の話を聞くのが大好きで、俳優、ピアニスト、医師など数百名への取材経験あり。

+ 続きを読む

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top