暑い夏を忘れて、しばし別世界へvol.2 美しく普遍的なビートルズの世界へ 2枚目の写真・画像

人海戦術の凄さに圧倒されつつも、良くも悪くも中国らしささく裂だなと思い、割と冷めた目で見つめていた北京オリンピックの開会式。そのときは、これほど日本選手がドラマを展開するとは思っていませんでした。格上相手のどんでん返し、挫折からの復活劇などをまっすぐ見せられると、つい胸がときめいてしまいます。様々なことを乗り越えて結果を出していくスポーツ選手を見ていると、敬意とともに羨ましさも感じます。そんな中、見ていて誇らしく感じるのが柔道。それは日本選手の活躍はもちろん、日本独自の武道、文化がここまで世界に広がっているということへの誇らしさ。続々と登場する選手たちは、国籍も様々。違う文化を背景に持つ彼らが、日本式に闘いが始まる前に一礼、終わったらまた一礼。畳に上がる前にも一礼、去る際にまた一礼。日本の文化が敬意をもって世界で受け入れられていることを実感します。

最新ニュース
『アクロス・ザ・ユニバース』 -(C) 2007 Revolution Studios Distribution Company,LLC.All Rights Reserved.
『アクロス・ザ・ユニバース』 -(C) 2007 Revolution Studios Distribution Company,LLC.All Rights Reserved.

編集部おすすめの記事

特集

page top