次々とブラックなユーモアで会場を盛り上げたが、これも深い信頼関係があってこそ!