安藤政信インタビュー 10代20代を経ていま、感じる「生の感覚」 9枚目の写真・画像

プロボクサーを思わせるような細身だが強くしなやかな肉体と、繊細でどこか憂いを感じさせる眼差し。そういえばデビュー作『キッズ・リターン』('96/北野武監督)で彼が演じたのはボクシングの世界でのし上がり、やがて挫折を知る若者だった。あれから15年、安藤政信は36歳になった。運命の皮肉か、必然か? ここ数年、日本を離れ、巨匠チェン・カイコー監督の『花の生涯〜梅蘭芳(メイランファン)〜』を始め、中華圏の作品に立て続けに出演してきた彼が、4年ぶりの日本映画出演作『スマグラー おまえの未来を運べ』で演じるのは、“背骨”という異名を持つ中国人の冷徹な殺し屋。憧れの石井克人監督作品、久々の日本の現場で彼は何を考えたのか——?

最新ニュース
『スマグラー おまえの未来を運べ』安藤政信 photo:Toru Hiraiwa
『スマグラー おまえの未来を運べ』安藤政信 photo:Toru Hiraiwa

編集部おすすめの記事

特集

page top