『人生の特等席』監督インタビュー “師匠”クリントと歩んだ監督デビュー 1枚目の写真・画像

1989年に映画人としてのキャリアをスタートさせてから、20年以上。『硫黄島からの手紙』や『ミリオンダラー・ベイビー』など、『マディソン郡の橋』以来17年に渡りクリント・イーストウッドの下で映画作りを学び、今年、満を持して監督デビューを果たすロバート・ロレンツ。クリントの弟子であり、同時に親友でもあるこの“遅咲きのルーキー”が作り上げたのが『人生の特等席』だ。初監督への想い、そして現場でのクリントとの撮影当時のエピソードを余すところなく語ってもらった。

最新ニュース
『人生の特等席』ロバート・ロレンツ監督
『人生の特等席』ロバート・ロレンツ監督

編集部おすすめの記事

特集

page top