堂珍嘉邦/『醒めながら見る夢』