松岡充/『醒めながら見る夢』