長谷川博己「一の悲劇」