佐藤二朗「やれたかも委員会」/photo:Masakazu Isobe