“僕を産んだ罪”で両親を訴える…レバノン映画『カペナウム』邦題&公開決定 2枚目の写真・画像

本年度ゴールデン・グローブ賞やアカデミー賞にて『ROMA/ローマ』や『万引き家族』と外国語映画賞を競ったレバノン代表作品『カペナウム/Capernaum』(原題)が、邦題『存在のない子供たち』として7月、日本公開されることが決定した。

映画
『存在のない子供たち』 (C)2018MoozFilms
『存在のない子供たち』 (C)2018MoozFilms

編集部おすすめの記事

特集

page top