映画 邦画ニュース記事一覧(332 ページ目)

堺&菅野『大奥 〜永遠〜』ついに完成! 桜舞い散るゴージャスな完成披露開催 画像
レポート

堺&菅野『大奥 〜永遠〜』ついに完成! 桜舞い散るゴージャスな完成披露開催

よしながふみによる大人気漫画を原作に、2010年10月に劇場公開され、興行収入23億円、動員数200万人を突破した大ヒット映画『大奥』。その続編にあたる『大奥 〜永遠〜[右衛門佐・綱吉篇]』がついに完成し、10月25日(木)、都内の劇場でお披露目された。上映を前に、主演を務める堺雅人を始め、菅野美穂、柄本佑、西田敏行、金子文紀監督がレッドカーペットセレモニー&舞台挨拶に登場! 桜吹雪が舞い落ちる中、映画そのままのゴージャスな世界観を演出していた。

【TIFFレポート】井上真央、ファンの乱入にも笑顔で「監督の仕込みですよね」 画像
レポート

【TIFFレポート】井上真央、ファンの乱入にも笑顔で「監督の仕込みですよね」

女性だけの綱引きチームの奮闘を描いた『綱引いちゃった!』が10月25日(木)、第25回東京国際映画祭で上映され、井上真央、松坂慶子、玉山鉄二、浅茅陽子、西田尚美、ソニン、中鉢明子ら“綱娘”の面々と水田伸生監督が舞台挨拶に登壇した。舞台挨拶中、井上さんの熱烈なファンが壇上に上がって井上さんに握手を求め、スタッフに連行されるというハプニングがあったが、井上さんにケガはなく舞台挨拶は続行された。

水谷豊らおなじみのキャストも登場! 『相棒シリーズ X DAY』特報がついに解禁 画像
スクープ

水谷豊らおなじみのキャストも登場! 『相棒シリーズ X DAY』特報がついに解禁

2000年の誕生以来、10年以上にわたり圧倒的な高視聴率を維持し、もはや“国民的ドラマ”とも言える「相棒」(テレビ朝日)。「相棒 season11」の放送には新たな“相棒”が登場し、初回スペシャルがシリーズ最高の平均視聴率19.9%を記録するなど更なるステージへ進化し続けている同シリーズから再び朗報が! 先日、製作が発表された『相棒シリーズ X DAY』の最新ポスタービジュアルと特報映像がついに解禁となった。

【TIFFレポート】柴咲コウ、初共演の真木よう子は「見ての通りクールビューティ」 画像
レポート

【TIFFレポート】柴咲コウ、初共演の真木よう子は「見ての通りクールビューティ」

益田ミリの人気漫画を映画化した『すーちゃん まいちゃん さわ子さん』が10月24日(水)、第25回東京国際映画祭にて上映され、主演の柴咲コウ、真木よう子、御法川修監督による舞台挨拶が行われた。

【シネマモード】ブラックモード全開! 第25回TIFFグリーンカーペット 画像
コラム

【シネマモード】ブラックモード全開! 第25回TIFFグリーンカーペット

10月20日(土)、華やかに開幕した第25回東京国際映画祭(TIFF)。同日の昼過ぎから、東京・六本木ヒルズ横のけやき坂通りに敷かれたグリーンカーペットを、参加作品に関わるゲストたちが闊歩し、多くの観客の注目を集めました。

井浦新、若松監督告別式で涙の弔辞 寺島しのぶ「かけがえのない時間でした」  画像
レポート

井浦新、若松監督告別式で涙の弔辞 寺島しのぶ「かけがえのない時間でした」

先日、亡くなった若松孝二監督のお通夜および告別式が10月23日(火)、24日(水)に都内で営まれ、井浦新、寺島しのぶ、佐野史郎、高岡蒼佑、高良健吾ら若松作品に出演した俳優陣など多くの映画関係者が参列し故人を偲んだ。

シネマカフェブロガー初対談!「東京国際映画祭の魅力」 矢田部吉彦×雅子 <後編> 画像
インタビュー

シネマカフェブロガー初対談!「東京国際映画祭の魅力」 矢田部吉彦×雅子 <後編>

第25回東京国際映画祭(以下、TIFF)の開幕を前に実現した、映画祭プログラミング・ディレクターの矢田部吉彦とモデルの雅子による対談<後編>をお届け! 今年で創設5年目を迎え、雅子さんが審査員を務めることになった「natural TIFF」の魅力、さらに矢田部さんを毎年、刺激しつつも苦しめるコンペティション作品15本の選定のプロセスとは——?

タナダユキ監督、大胆濡れ場を演じた田畑智子は「本当に男前でした」 画像
レポート

タナダユキ監督、大胆濡れ場を演じた田畑智子は「本当に男前でした」

『百万円と苦虫女』で知られる気鋭、タナダユキ監督が10月23日(火)、4年ぶりとなる新作『ふがいない僕は空を見た』の女子限定試写会に出席し、原作者の窪美澄、タレントでエッセイストの小島慶子と共に“女子会トーク”に花を咲かせた。第37回トロント国際映画祭にも出品された注目作。赤裸々に“性”と“生”を描き出し、女性読者を中心に高い人気を集め、2011年本屋大賞2位、第24回山本周五郎賞を受賞した同名小説を映画化した。

伊藤英明、『悪の教典』トークショーで、ビール片手に自由奔放な姿をファンに披露! 画像
レポート

伊藤英明、『悪の教典』トークショーで、ビール片手に自由奔放な姿をファンに披露!

伊藤英明が、高いIQと冷静な行動力を併せ持つ殺人鬼を演じることで話題の映画『悪の教典』のトークショーが10月23日(火)に都内にて行われ、主演の伊藤英明、共演する浅香航大、KENTA、そして三池崇史監督が出席し、撮影現場でのエピソードなど映画について熱いトークセッションを繰り広げた。この日は、三池監督がMCを務め、タバコを吹かし、お酒を飲みながら本音を語り合うという“男子会”形式でのぶっちゃけトークショーとなり、会場は大いに盛り上がった。

【TIFFレポート】上地雄輔、榮倉奈々の“コメント泥棒”に苦笑い… 画像
レポート

【TIFFレポート】上地雄輔、榮倉奈々の“コメント泥棒”に苦笑い…

野村萬斎が7年ぶりの映画主演を果たした歴史スペクタクル『のぼうの城』が10月23日(火)、現在開催中の第25回東京国際映画祭の特別招待作品として、TOHOシネマズ六本木ヒルズで公式上映され、萬斎さんを始め、共演する榮倉奈々、上地雄輔、芦田愛菜、共同メガホンをとった犬童一心監督と樋口真嗣監督が舞台挨拶に立った。

草刈民代「これが始まり」女優として決意新た 『終の信託』で16年ぶり劇映画 画像
インタビュー

草刈民代「これが始まり」女優として決意新た 『終の信託』で16年ぶり劇映画

その年の日本アカデミー賞で全部門制覇の偉業を達成した『Shall we ダンス?』('96)から16年…

4人に1人は旅先での恋愛経験アリ!女子の“映画のような”リアル胸きゅん体験とは? 画像
レポート

4人に1人は旅先での恋愛経験アリ!女子の“映画のような”リアル胸きゅん体験とは?

日本からパリへ観光に来た青年・セン(向井理)と、セーヌ川のほとりで偶然出会った日本人女性・アオイ(中山美穂)の運命的な恋。『新しい靴を買わなくちゃ』に描かれている、折れてしまったヒールをきっかけに知り合うというちょっぴりファンタジックな恋に、きゅんとする女性は多いハズ。でも、やっぱりこんなにドラマティックな恋は映画の中だけのこと…!? そこでシネマカフェ女性読者にアンケートを実施。なんと4人に1人は、実際に旅行先で恋した経験「アリ」との結果が明らかになった。そして見えてきた“旅先で恋をする”パターンとは…。

安室奈美恵×鬼才・井筒和幸がコラボ! 『黄金を抱いて翔べ』スペシャルPVが解禁 画像
スクープ

安室奈美恵×鬼才・井筒和幸がコラボ! 『黄金を抱いて翔べ』スペシャルPVが解禁

ベストセラー作家・高村薫のデビュー作であり、日本推理サスペンス大賞を受賞した最高峰のミステリー小説を、鬼才・井筒和幸監督指揮の下、妻夫木聡を始め浅野忠信ら豪華キャストを迎えて実写映画化した『黄金を抱いて翔べ』。このたび、本作の主題歌に決定した安室奈美恵の楽曲「Damage(ダメージ)」の井筒監督自らが手がけた映画バージョンのミュージックビデオが公開となった。

【TIFFレポート】人気急上昇中の仏女優レア・セドゥ、「東京をブラブラしたい」 画像
レポート

【TIFFレポート】人気急上昇中の仏女優レア・セドゥ、「東京をブラブラしたい」

開催中の第25回東京国際映画祭に特別招待作品として出品されている『マリー・アントワネットに別れをつげて』の主演のレア・セドゥとブノワ・ジャコー監督が10月22日(月)の公式上映前に舞台挨拶に臨んだ。

三谷幸喜、初の時代劇『清須会議』に役所広司ら総勢26名の豪華キャストで挑む! 画像
スクープ

三谷幸喜、初の時代劇『清須会議』に役所広司ら総勢26名の豪華キャストで挑む!

映画監督・劇作家・脚本家として絶大な人気を集める、日本が誇る喜劇の名手・三谷幸喜が、昨年行った「三谷幸喜生誕50周年大感謝祭」の締めくくりとして発売した小説「清須会議」(幻冬舎刊)。その映画化にあたり、このほど役所広司や大泉洋ら豪華なキャスト陣の参加が発表された。

【TIFFレポート】カサヴェテス監督、カジノで製作費捻出?自主映画の楽しさを語る 画像
レポート

【TIFFレポート】カサヴェテス監督、カジノで製作費捻出?自主映画の楽しさを語る

開幕中の第25回東京国際映画祭のコンペティション部門に出品されている『イエロー』のニック・カサヴェテス監督と、私生活でのパートナーであり本作では監督との共同脚本、主演を務めたヘザー・ウォールクィストが10月21日(日)、揃って公式記者会見に臨んだ。

【TIFFレポート】東京国際が開幕! 吉高由里子、前田敦子らが“黒”でキメる 画像
レポート

【TIFFレポート】東京国際が開幕! 吉高由里子、前田敦子らが“黒”でキメる

10月20日(土)、今年で節目となる25回目を迎えたアジア最大級の映画の祭典「東京国際映画祭」が東京・六本木ヒルズにて開幕! アニバーサリー・イヤーに相応しく、国内外から駆けつけた各上映作品の豪華なキャスト陣や監督らがグリーンカーペットに華を添えた。

『JAPAN IN A DAY』のために投稿された8,000もの動画に監督「圧倒された」 画像
レポート

『JAPAN IN A DAY』のために投稿された8,000もの動画に監督「圧倒された」

第25回東京国際映画祭特別オープニング作品で、東日本大震災のちょうど1年後の2012年3月11日に撮影された映像を広く募って作り出された『JAPAN IN A DAY』。映画祭初日の10月20日(土)に世界初上映となるワールドプレミアが行われ、イギリスから来日したフィリップ・マーティン監督に成田学監督、早川敬之プロデューサー、実際に投稿した映像が映画に使用された小泉徳宏、相川泰治、関根郁子が舞台挨拶に登壇した。

シネマカフェブロガー初対談!「東京国際映画祭の魅力」 矢田部吉彦×雅子 <前編> 画像
インタビュー

シネマカフェブロガー初対談!「東京国際映画祭の魅力」 矢田部吉彦×雅子 <前編>

アジア最大規模の映画の祭典であり、今年で25回目を迎える東京国際映画祭(以下、TIFF)がいよいよ明日、開幕! これを記念して、映画祭のプログラミングディレクターとしてコンペティション部門の作品選定の重責を負う矢田部吉彦と今年の「natural TIFF」部門で審査員に名を連ねるモデルの雅子の対談が実現した。現在、共にシネマカフェでブログを執筆する2人だが、若き日には知られざる接点が!? 映画の道にハマることになったきっかけからTIFFの思い出までたっぷりと語り合った。

麻生久美子、産後初出演は「関ジャニ∞」安田章大とW主演! 画像
スクープ

麻生久美子、産後初出演は「関ジャニ∞」安田章大とW主演!

ローマ時代と現代日本の風呂文化のギャップをユーモラスに描く『テルマエ・ロマエ』、不器用な主人公に突如“モテキ”が突然訪れた、恋にエロスに翻弄されるラブ・コメディー『モテキ』など近年、肩の力を抜いて鑑賞できる映画に人気が集中している。2013年秋、その系譜に新たな一本が加わることとなりそうだ。『純喫茶磯辺』、『さんかく』の気鋭・吉田恵輔監督が、麻生久美子、安田章大(関ジャニ∞)を主演に迎えて贈るハートフル・ラブコメディ『ばしゃ馬さんとビッグマウス』の製作がこのたび決定!

大泉洋、『探偵はBARにいる』続編決定も「僕はジャッキー・チェンじゃない」と苦言 画像
スクープ

大泉洋、『探偵はBARにいる』続編決定も「僕はジャッキー・チェンじゃない」と苦言

第24回日刊スポーツ映画大賞・石原裕次郎賞、第35回日本アカデミー賞作品賞含む7部門受賞と、その年の数々の映画賞を受賞した映画『探偵はBARにいる』の続編『探偵はBARにいる2』が、来年5月に公開されることが決定! 2013年、予測不能なコンビ・探偵と高田が再びスクリーンに戻ってくる。

向井理「まだ迷っている…」 主演舞台「悼む人」初日を前に胸中明かす 画像
レポート

向井理「まだ迷っている…」 主演舞台「悼む人」初日を前に胸中明かす

俳優の向井理が10月18日(木)、東京・渋谷のPARCO劇場で行われた主演舞台「悼む人」の最終舞台稽古を前に、共演する小西真奈美、手塚とおる、真野恵里菜、伊藤蘭、そして演出を手掛ける堤幸彦監督と共に取材に応じた。原作は天童荒太氏が7年の歳月をかけて書き上げ、第140回直木賞を受賞した同名小説。向井さんは、死者を“悼む”全国放浪の旅を続ける主人公・坂築静人を演じており、「とても難しい役柄で、まだ迷っている状態だが、舞台ならではのプレッシャーを楽しみながら、しっかり着地していければ」と初演を翌日に控えた、いまの胸中を率直に語った。

  1. 先頭
  2. 280
  3. 290
  4. 300
  5. 310
  6. 320
  7. 327
  8. 328
  9. 329
  10. 330
  11. 331
  12. 332
  13. 333
  14. 334
  15. 335
  16. 336
  17. 337
  18. 340
  19. 350
  20. 最後
Page 332 of 360
page top