『ワールド・トレード・センター』作品情報

2006年10月7日 公開の映画作品

あらすじ

2001年9月11日、全世界がTV画面に釘付けになった、あの日。アメリカ同時多発テロの標的となったワールド・トレード・センターの地下で、逃げ惑う人々を必死に誘導する男たちがいた。港湾警察官のジョン・マクローリン(ニコラス・ケイジ)とウィル・ヒメノ(マイケル・ペーニャ)のふたりもその中に…。しかし次の瞬間、ビルは崩落し、ふたりは地中深くに閉じ込められてしまう。極限状況の中、彼らに何が起きたのか? ふたりは互いに励ましあって、愛する家族のために最後まで決して希望を捨てずに困難に立ち向かっていく――。

スタッフ

オリヴァー・ストーン

キャスト

作品データ

  • 2006年10月7日より日劇1ほか全国にて公開
  • 原題WORLD TRADE CENTER
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジットTM & Copyright © 2006 by Paramount Pictures. All rights reserved.
  • 公式サイト
ジャンル
感情タグ

『ワールド・トレード・センター』関連記事

アカデミー賞前哨戦、2006年ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞発表 画像
スクープ

アカデミー賞前哨戦、2006年ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞発表

毎年アカデミー賞までの賞レースの先陣を斬って発表されるナショナル・ボード・オブ・レビュー賞が、ニューヨーク現地時間12月6日(水)に発表となった。ナショナル・ボード・オブ・レビューはニューヨークの映画専門家120人ほどの投票によって決められ、95年の歴史を誇る権威ある賞。

『ワールド・トレード・センター』オリバー・ストーン監督来日記者会見 画像
レポート

『ワールド・トレード・センター』オリバー・ストーン監督来日記者会見

世界中を震わした9.11から5年たった今秋、同時多発テロのターゲットとなったワールド・トレード・センタービルを舞台に描いた感動大作『ワールド・トレード・センター』が公開となる。公開を前に、ハリウッドを代表する社会派監督、オリバー・ストーンが来日。9月13日(水)に行われた記者会見で本作にかける想いを存分に語った。

cinemacafe.net×『ワールド・トレード・センター』特集 画像
スクープ

cinemacafe.net×『ワールド・トレード・センター』特集

2001年9月11日。ニューヨークのシンボルともいえる2つのタワー、世界貿易センター北棟にアメリカン11便が、そしてユナイテッド175便が南棟に激突した。港湾局警察官(PAPD)のジョン・マクローリンとウィル・ヒメノは同僚とともに現場に急行。しかし、ビルの内部へ遭難者の救出に向かったその時、ビル全体が崩壊を始めた…。

『ワールド・トレード・センター』2006年ベネチア国際映画祭に登場 画像
レポート

『ワールド・トレード・センター』2006年ベネチア国際映画祭に登場

8月30日に幕を開けた第63回ベネチア国際映画祭にて、9月1日19時(現地時間)に『ワールド・トレード・センター』が特別招待作品として上映された。

『ワールド・トレード・センター』ウィル・ヒメノ来日記者会見 画像
レポート

『ワールド・トレード・センター』ウィル・ヒメノ来日記者会見

世界中を震わせた9.11の悲劇から5年の歳月がたった今年、同時多発テロの標的となったワールド・トレード・センターで救助にあたった港湾警察官たちの勇気と奇跡を描いた『ワールド・トレード・センター』が公開される。あの大惨事の中で戦った男たち実話を、社会派の第一人者、オリバー・ストーン監督が渾身の力を込めて描いた感動の物語。8月10日、本作品のベースとなった実話の体験者、ウィル・ヒメノが来日し、映画について語った。

page top