『パッセンジャー』作品情報

2006年10月7日 公開の映画作品

あらすじ

幼なじみのコウジ(伊勢谷友介)とヒロコ(金子久美)は深く愛し合っていた。しかし、ヒロコの父・三道直樹(夏木陽介)は、2人の密かな逢瀬を知り激怒する。想いを残して月日は流れ、逢えないまま3年が経つ。ある日、久しぶりにヒロコの声を聞くコウジ。極道である三道の起こしたトラブルを解決すれば、2人の仲を認めてもらえることになったのだ。ヒロコとの幸せを手に入れるため、コウジはカナダへ旅立つ。様々な人たちとすれ違い、トラブルの原因となったタネールを追い詰めてゆくコウジ。一方、三道の同業者の甥・アキラ(加瀬亮)は、三道への不審と興味からヒロコに近づくが…。個性派俳優・伊勢谷友介と加瀬亮が日仏カナダ合作映画に主演。監督は写真家として“ザ・フェイス”(英)や“ヴォーグ”(仏)誌などで活躍していたフランソワ・ロトゲール。叙情あふれる美しいモントリオールと東京の郊外の景色を背景に、現代に生きる孤独な人々を描くサスペンス。

スタッフ

監督

フランソワ・ロトゲール

キャスト

作品データ

  • 2006年10月7日より東京都写真美術館ホールにて公開
  • 原題THE PASSENGER
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット©2005 les films a un doller / River Films / Aviva Communications / Les films de l'isle
ジャンル
感情タグ
page top