『無花果の顔』作品情報

2006年12月23日 公開の映画作品

あらすじ

庭に花の咲かない無花果の木がある門脇家は、ごく平凡な家族。映りの悪いテレビを叩いて直そうとする母(桃井かおり)、塩辛をトッピングしたジャガイモに舌鼓を打つ父(石倉三郎)、そんな団欒の風景をカメラにおさめる娘(山田花子)、つまみ食いをして叱られる弟(HIROYUKI)。だが、何かが違っていた。ある日、工務店に勤める父が突然職場で倒れ、帰らぬ人となった。テキパキと通夜の準備をする母。その傍らで、葬式用の写真を探していた娘は、自分が“養女”と記されている戸籍謄本を偶然見つけ、唖然とする。母は父の死が受け入れられないのか、コロッケを作り続ける。そして間もなく母は、住み慣れた家を引き払い、東京タワーの見える娘のアパートで新生活をスタートさせた。かたや娘も、ライターとして新たな道を歩み始める。そんな2人が迎えた人生のターニング・ポイントは…。

スタッフ

監督

桃井かおり

キャスト

作品データ

  • 2006年12月23日よりシネマスクエアとうきゅうほかにて公開
  • 原題
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット©2006 AGORA Co.Ltd
  • 公式サイト
ジャンル
感情タグ

『無花果の顔』関連記事

“コラーゲン”たっぷりの白肉がオススメ!『The焼肉ムービー プルコギ』松田龍平、山田優、ARATA、桃井かおり、前田愛、グ スーヨン監督完成披露舞台挨拶 画像
レポート

“コラーゲン”たっぷりの白肉がオススメ!『The焼肉ムービー プルコギ』松田龍平、山田優、ARATA、桃井かおり、前田愛、グ スーヨン監督完成披露舞台挨拶

史上初の“焼肉映画”『The焼肉ムービー プルコギ』。大手焼肉チェーン・虎王の御曹司・トラオと、達人の味を守るべく修行している青年・タツジの料理対決が描かれている本作が完成し、4月11日(水)、松田龍平、山田優、ARATA、桃井かおり、前田愛、グ スーヨン監督が登壇する舞台挨拶が行われた。

蜷川実花監督作品『さくらん』第57回ベルリン国際映画祭特別招待 画像
スクープ

蜷川実花監督作品『さくらん』第57回ベルリン国際映画祭特別招待

「ハッピー・マニア」や「働きマン」などで若い女性から圧倒的な支持を集めるカリスマ漫画家、安野モヨコの同名漫画を原作にした『さくらん』。写真史を塗り替える衝撃をもたらしたフォトグラファー・蜷川実花が映画初監督を飾る本作は、椎名林檎が音楽監督初挑戦、『タカダワタル的』等の新鋭監督タナダユキが脚本を担当、さらに今、女優業のみならずロック歌手としても注目を集める土屋アンナが主演と、いま“最高にカッコいい女たち”によるエネルギッシュな魅力で溢れ、話題沸騰中の本作が2月8日から18日まで開催される第57回ベルリン国際映画祭・公式部門の「特別招待作品/ベルリナーレ・スペシャル」に選定、9日の特別招待部門にてオープニング上映されることが決定した。

演じる上での私の敵は花ちゃん『無花果の顔』桃井かおり インタビュー 画像
インタビュー

演じる上での私の敵は花ちゃん『無花果の顔』桃井かおり インタビュー

映画、CM、舞台など幅広い活躍を見せる桃井かおり。『SAYURI』でハリウッド進出を図るなど、最近では活動の場をアメリカにも置いてそのキャリアにますます磨きをかけている。そんな桃井さん、実はこれまでも数多くの映像制作を手がけてきたという。そして今回、初めてメガホンをとった作品がこの『無花果の顔』だ。「もともとは27歳ぐらいのときに書いていたエッセイが原案。連載用に長編が書きたかったんだけど、私にはそんな構成力がなくて…。で、編集者に相談したら『とりあえずそのエッセイをつなげてみたら?』って言われたの。適当に番号つけてシャッフルしたら、『斬新な構成だ!』ってホメられたわ(笑)」

ひそかに全米歌手デビューも!?『無花果の顔』桃井かおり、石倉三郎、高橋克実初日舞台挨拶 画像
レポート

ひそかに全米歌手デビューも!?『無花果の顔』桃井かおり、石倉三郎、高橋克実初日舞台挨拶

桃井かおりが自ら脚本も手がけ映画初監督に挑んだ『無花果の顔』は、ごく普通の門脇一家が平凡に見える日常の背後でドラマチックな人生を送る姿を、独創的なスタイルでつづるファンタジー・テイストの家族ドラマ。10月に韓国で行われた第11回釜山国際映画祭に正式招待された本作が、12月23日(土)シネマスクエアとうきゅうにて初日を迎え、監督ならびに石倉三郎、高橋克実ら出演者が初回上映終了後に舞台挨拶を行った。

桃井かおり第1回監督作品『無花果の顔』桃井かおり、山田花子舞台挨拶 画像
レポート

桃井かおり第1回監督作品『無花果の顔』桃井かおり、山田花子舞台挨拶

庭に花の咲かない無花果の木がある門脇家は、ごく平凡な家族。ある日突然、父が帰らぬ人となってから、それぞれが迎える人生のターニング・ポイントとは——。

page top