『素敵な夜、ボクにください』作品情報

2007年2月24日 公開の映画作品

あらすじ

カーリング選手として挫折し、日本に来た韓国人ジンイル(キム・スンウ)。東京で女優活動をしているが全く売れない、いづみ(吹石一恵)。2人の共通点はわがままな性格。ヒョンなことからいづみは青森でカーリングチームを結成。そのチームをジンイルがコーチすることになり、2人の間に恋が芽生える。果たして、2人の恋の行方は…。青森を舞台に、カーリングを通して日本人女性と韓国人男性の恋愛を描くスポーツ&ラブコメディ。監督は『櫻の園』『12人の優しい日本人』でさまざまな映画賞を受賞した中原俊。

スタッフ

監督

中原俊

キャスト

  • 吹石一恵
  • キム・スンウ
  • 占部房子
  • 関めぐみ
  • 枝元萌
  • 飛坂光輝

作品データ

  • 2007年2月24日よりシネマート新宿、シネマート六本木、シネマート心斎橋にて公開
  • 原題
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット©2007「素敵な夜、ボクにください」製作委員会
  • 公式サイト
ジャンル
感情タグ

『素敵な夜、ボクにください』関連記事

“素敵な夜”は監督と!『素敵な夜、ボクにください』吹石一恵、占部房子、関めぐみ、枝元萌、中原俊監督 初日舞台挨拶 画像
レポート

“素敵な夜”は監督と!『素敵な夜、ボクにください』吹石一恵、占部房子、関めぐみ、枝元萌、中原俊監督 初日舞台挨拶

売れない女優と挫折した韓国人カーリング選手の恋を軸に、カーリングでの冬季オリンピック出場を目指す彼らの挑戦を描いたスポーツ・ラブコメディ『素敵な夜、ボクにください』。本作が2月24日(土)、公開初日を迎え、主演の吹石一恵をはじめ占部房子、関めぐみ、枝元萌ら共演陣、監督の中原俊が舞台挨拶に登壇した。“カーリング”“韓国”“青森”など様々な要素を持った本作だけに登壇者からは多様な側面からの作品に対するコメントが聞かれた。中原監督は「初日は何回やってもドキドキするもの」と語ったが、吹石さんをはじめ“カーリングエンジェルス”の4人は、映画さながらに元気なコメントで会場を大いに盛り上げた。

愛に国境はない、愛に障壁はない! 『素敵な夜、ボクにください』吹石一恵、キム・スンウ インタビュー 画像
インタビュー

愛に国境はない、愛に障壁はない! 『素敵な夜、ボクにください』吹石一恵、キム・スンウ インタビュー

1998年長野冬季オリンピックで正式種目となり、2002年のソルトレイクでは4人の少女たちが日本女子代表チーム“シムソンズ”として世界に挑み、2006年のトリノではこれまでにない盛り上がりをみせた冬のスポーツ、カーリング。昨年は実話をもとにした映画『シムソンズ』が公開されるなど、その注目は年々高まってきている。そんな中、カーリングの面白さとカーリングを通じて生まれた恋をテーマにしたスポーツ・ラブコメディが誕生した。

映画にまつわるファッション小噺 vol.23 意外性が、いい! 画像
コラム

映画にまつわるファッション小噺 vol.23 意外性が、いい!

先日、井上陽水のライヴに行ってきました。これまで、CDで良く聴いてはいたのですが、生で堪能するのは初めて。2006年のツアーを締めくくる日とあって、NHKホールは往年のファンで熱気むんむん。50〜60代のおじさま、おばさまに囲まれて楽しい時間を過してきました。圧倒的な歌唱力と名曲の数々に酔いしれながらふと思ったのは、「彼の魅力って“意外性”にあるんだよな」ということ。歌詞はもちろん、不思議な歌詞とロマンティックな音楽のミスマッチ、そしてどう展開するか予測もできないオモシロトーク…。漫談かと思うようなユニークで味のある話術も、とても魅力的でした。

page top