Pixar/ アニメ/ ディズニー 『レミーのおいしいレストラン』作品情報

2007年7月28日 公開の映画作品

あらすじ

パリ郊外に暮らすネズミのレミーは料理に夢中で、愛読書はいまは亡き天才シェフ、グストーの料理書。そんな彼が住みかを追われ、たどり着いたのはグルメの天国、パリ。しかもあのグストーの残したレストランだったのだ! そこにはグストーの息子を名乗るリングイニという新米シェフが、何一つまともにできずにキッチンを右往左往していた。レストランにとって、ネズミは史上最悪の敵。だが、料理への飽くなき情熱を抑えられないレミーは、またしても大失態をやらかしたリングイニを見事な料理の腕前で助けてしまう。余りにも場違いな世界に足を踏み入れてしまったレミーの冒険は、やがて世界中のグルメたちを揺るがす大事件に発展するのだが…。

スタッフ

監督

ブラッド・バード

キャスト

  • ルー・ロマーノアルフレッド・リングイニ
  • パットン・オズワルトレミー
  • イアン・ホルムスキナー
  • ブライアン・デネヒージャンゴ
  • ピーター・ソーンエミール
  • ピーター・オトゥールイーゴ
  • ブラッド・ギャレットオーグスト・グストー
  • ジャニーン・ガロファローコレット

作品データ

  • 2007年7月28日より全国にて公開
  • 原題Ratatouille
  • 製作年2007
  • 製作国アメリカ合衆国
  • 上映時間112分
  • 映倫区分G
  • 配給会社ブエナ・ビスタ・ピクチャーズ
  • クレジット© DISNEY / Pixar. All rights reserved.
  • 公式サイト

この作品が気になる人には、こちらもおすすめ

『レミーのおいしいレストラン』関連記事

面白さの秘密は? 『カールじいさん』プロデューサーが明かすピクサー映画の作り方 画像
インタビュー

面白さの秘密は? 『カールじいさん』プロデューサーが明かすピクサー映画の作り方

日本で、67か国目となる初登場1位を記録し、鑑賞後の満足度という点でも驚異的な高支持を集めている『カールじいさんの空飛ぶ家』。1995年の『トイ・ストーリー』から数えて、ピクサーとして記念すべき10作目となった本作でも、キャラクター、ストーリー、そして映像世界など“ピクサーらしさ”を余すところなく発揮している。ずばり、ピクサー作品の面白さの秘密はどこにあるのか? 今回監督を務めたピート・ドクターは「新しいもの、人々が観たことない作品を作リ、驚きを与えるのがピクサー」と語る。彼を含む数々のクリエイターの発想を汲み上げ、作品ごとに異なる個性を発揮しつつ、“ピクサー作品”として質の高い作品を送り出し続ける秘訣は? スタッフの立場で数々のピクサー作品に携わり、本作でもプロデューサーを務めたジョナス・リヴェラに「ピクサー映画の作り方」を聞いてみた。

『カールじいさんの空飛ぶ家』がピクサー史上3位の6,820万ドルで全米初登場1位 画像
スクープ

『カールじいさんの空飛ぶ家』がピクサー史上3位の6,820万ドルで全米初登場1位

1995年の『トイ・ストーリー』に始まり、『モンスターズ・インク』に『ファインディング・ニモ』、アカデミー賞を受賞した『レミーのおいしいレストラン』など常にアニメーションの新たな可能性を模索し、多くの観客を魅了してきたディズニー/ピクサー。その最新作であり、先に行われたカンヌ国際映画祭のオープニングを飾った『カールじいさんの空飛ぶ家』が5月29日(金)、全米3,766劇場で公開され、週末3日間の興行成績で見事、初登場第1位を記録した。

【第80回アカデミー賞】長編アニメーション賞は『レミーのおいしいレストラン』 画像
レポート

【第80回アカデミー賞】長編アニメーション賞は『レミーのおいしいレストラン』

長編アニメーション賞は『レミーのおいしいレストラン』が受賞。監督のブラッド・バードは前作『Mr.インクレディブル』に続く快挙となった。

【第80回アカデミー賞】ノミネート発表! 『ゼア・ウィル〜』VS『フィクサー』? 画像
スクープ

【第80回アカデミー賞】ノミネート発表! 『ゼア・ウィル〜』VS『フィクサー』?

今年で記念すべき第80回を迎えるアカデミー賞。昨年11月からの脚本家協会のストが未だ決着が付いていない中、今年のノミネートが1月21日(水)に発表された。

あの奇跡の料理が味わえるチャンス 「レミーのラタトゥーユ号」が全国へ発車! 画像
スクープ

あの奇跡の料理が味わえるチャンス 「レミーのラタトゥーユ号」が全国へ発車!

この夏に公開され、興収38億円を突破という大ヒットを記録している、ディズニー映画『レミーのおいしいレストラン』。現在も全国公開中の本作が、11月14日(水)にDVDとなって発売されることが決定した。これを記念し、11月2日(金)〜14日(水)の期間限定で、<レミーのラタトゥーユ号>キッチンカーが東京・名古屋・大阪・福岡・仙台の5大都市のジャスコを廻る「<レミーのラタトゥーユ号>キッチンカー全国キャラバン」を実施。「クイーン・アリス」のオーナーシェフ・石鍋裕による“あの”料理が提供される。

『レミーのおいしいレストラン』応援隊長しずちゃん「私の作った映画観にきて!」 画像
レポート

『レミーのおいしいレストラン』応援隊長しずちゃん「私の作った映画観にきて!」

天才的な料理の才能を持ったネズミと、料理は下手だけど優しい心を持ったコックのコンビが、パリで一番の料理人になるという夢に向かって奮闘する姿を描いた、ピクサーの新作アニメーション『レミーのおいしいレストラン』。7月27日(金)、日劇3にて本作が先行上映され、応援隊長を務める南海キャンディーズのしずちゃんが登場。1か月あまりにわたって全国で行ってきた様々なプロモーションの集大成として、つめかけた観客を前に作品をアピールした。

「グルメな映画監督と言われたい」ブラッド・バードの『レミーのおいしいレストラン』 画像
インタビュー

「グルメな映画監督と言われたい」ブラッド・バードの『レミーのおいしいレストラン』

高級レストランの極上コースメニュー、家庭料理、街角のペストリーショップ…映画の中には思わずお腹がすいてしまう、美味しそうな料理が数多く登場する。今夏公開のディズニー最新作、『レミーのおいしいレストラン』はパリの一流レストランを舞台に、シェフを夢見るネズミが大活躍するファンタジーアニメ。監督を務めたブラッド・バードに、美味しい映画のつくり方を教えてもらった。

『ダイ・ハード』おさえ全米初登場1位の注目作が舞台パリで華々しく凱旋上映 画像
レポート

『ダイ・ハード』おさえ全米初登場1位の注目作が舞台パリで華々しく凱旋上映

フランス料理のシェフになることを夢見るネズミのレミーと、料理の才能がまったくないことに悩む、見習いシェフ・リングイニ。グルメの都・パリのレストランを舞台に、人間とネズミが奇跡を起こす感動の物語『レミーのおいしいレストラン』。6月30日(土)、パリの中心地・シャンゼリゼ通りに建つ老舗の映画館、ゴーマン・シャンゼリゼ劇場にて本作のパリ・プレミアが行われ、パリ在住の女優・中山美穂がゲストとして出席した。

「グーフィーの歌を胸に生きてきた」佐藤隆太、声優抜擢に万感! 画像
レポート

「グーフィーの歌を胸に生きてきた」佐藤隆太、声優抜擢に万感!

天才的な料理のセンスを持つネズミのレミーと、人はよいけど料理はまるっきしダメなリングイニ。パリ一番の料理人を目指してコンビを組んだ2人。このことが、やがてパリどころか全世界を揺るがす大事件に——。ピクサーが贈る最新アニメーション『レミーのおいしいレストラン』が7月28日(土)に公開初日を迎える。本作の日本語吹き替え版のリングイニ役で声優デビューを果たした佐藤隆太の公開アフレコが6月19日(火)に行われた。

パリを巡った監督も「Delicious!」、料理長・しずちゃんの腕は星いくつ?  画像
レポート

パリを巡った監督も「Delicious!」、料理長・しずちゃんの腕は星いくつ? 

飛びぬけた味覚と嗅覚を持ったネズミと料理はからっきしダメな見習いコックがコンビを組んでパリに奇跡を起こす——。『Mr.インクレディブル』や『モンスターズ・インク』など数々のヒット作を送り出してきたピクサーの最新作『レミーのおいしいレストラン』。6月13日(水)、本作の監督、ブラッド・バードとプロデューサーを務めるブラッド・ルイスによる記者会見が開かれた。会見場は都内のレストラン。2人は客席に腰掛け、作品、そしてアニメーションへの情熱を語ってくれた。

見た目もそっくり? 佐藤隆太が声優初挑戦! 今度はパリで料理人 画像
スクープ

見た目もそっくり? 佐藤隆太が声優初挑戦! 今度はパリで料理人

佐藤隆太がドラマのレストランを抜け出してパリで料理修行? 『モンスターズ・インク』や『ファインディング・ニモ』などヒット作品を生み出してきたピクサーが贈る最新作『レミーのおいしいレストラン』。本作の日本語吹替え版で、映画やドラマに引っ張りだこの人気若手俳優・佐藤隆太が声優に初挑戦することが決まった。

ディズニーが初めて“未来”を描いた最新作『ルイスと未来泥棒』全米大ヒットスタート 画像
スクープ

ディズニーが初めて“未来”を描いた最新作『ルイスと未来泥棒』全米大ヒットスタート

『白雪姫』の誕生から70年。これまで数々の名作を世に送り出してきたウォルト・ディズニー・ピクチャーズが、その歴史の中で初めて“未来”を扱った最新アニメーション『ルイスと未来泥棒』が3月30日(金)、全米で公開初日を迎えた。3,400スクリーンで公開された本作は、オープニングの3日間で2,500万ドルの興行収入を記録。これは、アメリカにおける3月公開作品としては大ヒットと言える数字であり、最終興行収入1億ドル突破の大台を射程圏内に収めた。

page top