『となり町戦争』作品情報

2007年2月10日 公開の映画作品

あらすじ

「舞坂町はとなり町・森見町と戦争を始めます。開戦日5月7日」ある日届いた、となり町との戦争のお知らせ。偵察業務に就かされた“僕”(江口洋介)は、その業務遂行のために、対森見町戦争推進室の“香西さん”(原田知世)と夫婦生活を始める。戦時にもかかわらず、町は平穏を崩さない。かろうじて戦争状態と分かるのは、日々のニュースで発表される戦死者の数だけ。淡々とした日常生活のなかに侵食した戦争。“僕”は、知らず知らずのうちに、その戦争の中心にいたのだ…。第17回小説すばる新人賞選考会で物議を醸し、多くの作家や批評家から絶賛された三崎亜記の衝撃の原作を映画化。一見シュールなシチュエーションだが、そのテーマが示すものは、戦争、地方自治行政、そして男女の感情の一線…その一線を越える物語。

スタッフ

監督

渡辺謙作

キャスト

作品データ

  • 2007年2月10日より新宿ガーデンシネマほか全国にて順次公開
  • 原題
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット©2006『となり町戦争』製作委員会 2006
  • 公式サイト
ジャンル
感情タグ

『となり町戦争』関連記事

2度、3度楽しめる『となり町戦争』江口洋介、原田知世、渡辺謙作監督初日舞台挨拶 画像
レポート

2度、3度楽しめる『となり町戦争』江口洋介、原田知世、渡辺謙作監督初日舞台挨拶

第17回小説すばる新人賞を受賞した三崎亜記の処女作を映画化した『となり町戦争』が2月10日(土)初日を迎え、新宿ガーデンシネマで行われた舞台挨拶に主演の江口洋介と原田知世、渡辺謙作監督が登壇した。

2007年前半、注目の日本映画 vol.1 日本映画絶好調 画像
コラム

2007年前半、注目の日本映画 vol.1 日本映画絶好調

先日、日本映画製作者連盟から発表された2006年の映画産業諸統計。驚かれた方も多いことでしょう。年内に日本で劇場公開された作品は全部で821本(内訳:邦画417本、洋画404本)でしたが、21年ぶりに、邦画全体の興行収入が洋画のそれを上回ったとのこと。ハリウッドの大作が幅をきかせていた時代が終焉を迎えたのか。それとも日本が絶好調なのか。はたまた、ハリウッドが絶不調なのか。きっと、いずれもが入り混じった結果なのでしょう。

江口洋介、原田知世初共演&夫婦役『となり町戦争』プレミア試写会舞台挨拶 画像
レポート

江口洋介、原田知世初共演&夫婦役『となり町戦争』プレミア試写会舞台挨拶

第17回小説すばる新人賞選考会で“10年に1度、出るか出ないかの逸材”と賞賛を受け、一躍文学界の注目の的となった三崎亜記衝撃のデビュー作「となり町戦争」。新人としては異例の16万部を売り上げた小説が、鈴木清順の愛弟子・渡辺謙作によって映画化が実現。1月29日、『となり町戦争』プレミア試写会が開催され、主演の江口洋介、原田知世、渡辺謙作監督が特別ゲストとして登場、舞台挨拶を行った。

ある日届いた、となり町との“戦争”のお知らせ。江口洋介主演の衝撃作『となり町戦争』2月10日公開初日決定 画像
スクープ

ある日届いた、となり町との“戦争”のお知らせ。江口洋介主演の衝撃作『となり町戦争』2月10日公開初日決定

第17回小説すばる新人賞選考会で物議を醸し、多くの作家や批評家から絶賛された衝撃作にして、16万部を売り上げた三崎亜記原作のベストセラー小説「となり町戦争」。主役に江口洋介を迎え、鈴木清順の愛弟子・渡辺謙作によって映画化が果たされた本作の公開初日が2月10日(土)に決定した。

ある日届いた、となり町との戦争のお知らせ…サプライズ小説、完全映画化『となり町戦争』2007年2月上旬公開決定 画像
スクープ

ある日届いた、となり町との戦争のお知らせ…サプライズ小説、完全映画化『となり町戦争』2007年2月上旬公開決定

ある日届いたとなり町との戦争のお知らせ…16万部を売り上げたベストセラー小説「となり町戦争」が映画化され、2007年2月上旬に公開されることが決定した。

page top