『コマンダンテ』作品情報

公開の映画作品

あらすじ

2002年2月、オリヴァー・ストーン監督はキューバの最高司令官フィデル・カストロへ取材を敢行、インタビューは30時間にも及んだが、彼は内容の削除を一切求めなかった。おなじみの軍服をまとって登場したカストロに、ストーンはまず第一にある場面を演じることを要望する。それはカストロが秘書の差し出す書類の山に署名するというシーンである。そのような“やらせ”のシーンからフィルムを始めることによって、これから始まることは単なる質問と答えの連鎖ではなく、権力とメディアの共犯関係を知り尽くした2人の人間の真剣勝負であることを観客に示唆する。ストーンはカストロと共にカメラの前へ身をおき、打ち解けた雰囲気を作り出し、それによってカストロに本音を語らせようとし、カストロは彼の青春時代、政治的勢力をつけていく過程、そして彼の見る今のキューバについて包み隠さず語っていく…。ハリウッド屈指の社会派監督オリヴァー・ストーン監督と“社会主義国唯一の成功者”カストロ議長との1対1の真剣勝負。ケネディ大統領暗殺やミサイル危機などから私生活に及ぶまで、包み隠さず曝け出しCOMANDANTE(司令官)であり続けるカストロ議長の本当の姿に迫るドキュメンタリー。2003年ベルリン国際映画祭パノラマ部門正式出品。

スタッフ

監督

オリヴァー・ストーン

キャスト

  • フィデル・カストロ
  • オリヴァー・ストーン

作品データ

  • 2007年5月26日よりユーロスペースにて公開
  • 原題COMANDANTE
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット©2003- Mediaproducción S.L. 2002. All rights reserved.
  • 公式サイト
ジャンル
感情タグ

『コマンダンテ』関連記事

チェ・ゲバラ生誕80周年 キューバの医療現場に立つ娘・アレイダ氏が全国講演を開催 画像
スクープ

チェ・ゲバラ生誕80周年 キューバの医療現場に立つ娘・アレイダ氏が全国講演を開催

国境や国籍を超えた平等主義を掲げ、キューバ革命の成功を導きながらも、志半ばの39歳という若さで生涯を閉じたラテンアメリカの先導者、チェ・ゲバラ。その生誕80年、そして革命50周年を記念して、ゲバラの娘でありキューバの医師として活動する、アレイダ・ゲバラ氏がこのたび5月に初来日することが決定した。

芽生える、春 vol.4 春は知的好奇心もぷっくり 画像
コラム

芽生える、春 vol.4 春は知的好奇心もぷっくり

やっと桜が咲きました! 今週末はお花見という方も多いのでは? ぷっくりとした花びらが開くように、不思議と学習意欲や知的好奇心も芽生えるのがこの季節。定番の英会話を始めとするお稽古事など、教材を揃えたりスクールに通い始めたりしたものの、忙しくて夏までにくじけてしまったり。そこで、1回2時間程度の“学習”で知性を磨ける単発の講座などはいかが?

キューバの名作がよみがえる「キューバ映画祭」開催決定 画像
スクープ

キューバの名作がよみがえる「キューバ映画祭」開催決定

カリブ海の真珠と言われ、ソンやサルサなどのラテン音楽やダンスで知られているキューバ共和国。今年は「グランマ号」のキューバ上陸50周年に加え、カストロ議長が80歳を迎えるなど、キューバにとって記念すべき年である。そこで、渋谷ユーロスペースではこれまで日本国内で紹介されてきたキューバ映画を中心に1週間限りの映画祭を開催。1959年の革命直後、キューバ映画芸術産業庁設立以来生み出されてきた多くのキューバの名作を上映し、さらにオープニングとクロージングには来年公開される作品のプレミア上映を行われる。キューバにとって記念すべき年に、あまり知られていないキューバ映画の魅力を是非とも体感しよう。

page top