『自虐の詩』作品情報

2007年10月27日 公開の映画作品

あらすじ

舞台は大坂・通天閣のふもと。生まれてこのかた、運と金に見放された人生を送ってきた幸江(中谷美紀)。母は物心つく前に蒸発し、飲んだくれの父は強盗事件を起こしてムショ暮らし。でもいまの幸江には愛する男・イサオ(阿部寛)がいる。たとえ乱暴者で酒飲みでギャンブルに明け暮れていても、たとえちゃぶ台返しでせっかく作ったごはんを台無しにされても、幸江はただイサオと一緒にいられるだけで幸せだった。なのに、そんな幸江の妊娠が発覚した途端、イサオは彼女のもとから去ってしまった…。85年から90年まで「週刊宝石」で連載された業田良家作の同名4コマ漫画を、『トリック』シリーズの堤幸彦が実写映画化。

スタッフ

監督

堤幸彦

キャスト

作品データ

  • 2007年10月27日より渋谷シネクイント、シネ・リーブル池袋ほか全国にて公開
  • 原題
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© 2007「自虐の詩」フィルムパートナーズ
  • 公式サイト
ジャンル
感情タグ

『自虐の詩』関連記事

「今後も良質な作品を作っていきたい」中谷美紀が語る『自虐の詩』 画像
インタビュー

「今後も良質な作品を作っていきたい」中谷美紀が語る『自虐の詩』

「週刊宝石」(光文社)で連載された業田良家の4コマ漫画「自虐の詩」。日本一、もしかしたら世界一不幸な女性・幸江と無口な夫・イサオとの夫婦生活を描き、必殺のオチはイサオのちゃぶ台返しという独特の世界を持つ本作が、「ケイゾク」、『大帝の剣』の堤幸彦監督により映画化。主人公の幸江を演じた中谷美紀に話を聞いた。

パンチパーマ阿部寛登場! 中谷美紀にあの“松子”以上の不幸が? 『自虐の詩』公開 画像
レポート

パンチパーマ阿部寛登場! 中谷美紀にあの“松子”以上の不幸が? 『自虐の詩』公開

全ての人間の不幸をその身に背負っているかのような辛い人生を送ってきた幸江と、彼女が愛してやまない、無口で酒飲みでバイオレンスな内縁の夫・イサオ。大阪の下町を舞台に、一見どん底に見えて実は愛と人間味にあふれた2人のドラマを描いた『自虐の詩』。本作が10月27日(土)に公開を迎え、公開劇場では俳優陣、監督が顔を揃えて舞台挨拶が行われた。

【東京国際映画祭レポートvol.13】パンチパーマ阿部寛に中谷美紀メロメロ 画像
レポート

【東京国際映画祭レポートvol.13】パンチパーマ阿部寛に中谷美紀メロメロ

生まれてこのかた全ての運に見放された女・幸江と、彼女が惚れに惚れ込んだ無口で酒飲み、おまけにギャンブル好きの暴力夫・イサオの愛を描いた『自虐の詩』が10月22日(月)、特別招待作品として上映された。上映前の舞台挨拶には主演の中谷美紀に阿部寛、遠藤憲一、カルーセル麻紀、さらに主題歌「海原の月」を歌う安藤裕子、監督の堤幸彦が登壇した。

【東京国際映画祭レポートvol.10】豪快! 阿部寛&中谷美紀が必殺ちゃぶ台返し 画像
レポート

【東京国際映画祭レポートvol.10】豪快! 阿部寛&中谷美紀が必殺ちゃぶ台返し

特別上映作品として出品されている『自虐の詩』のキャスト&スタッフ陣が10月22日(月)の上映を前に六本木ヒルズアリーナで開催されたイベントに勢揃い。会場は大きな盛り上がりを見せた。

page top