『グッド・シェパード』作品情報

2007年10月20日 公開の映画作品

あらすじ

イエール大学でエリートコースを進んでいた青年、エドワード・ウィルソン(マット・デイモン)は米軍にスカウトされ、第二次世界大戦中の戦略事務局(OSS)で諜報任務に従事することになる。終戦後、OSSの延長線上に創設されたCIA(アメリカ中央情報局 )の一員となり、世はソ連との冷戦時代に突入する。そしてCIA最大の汚点と言われた「ビッグス湾事件」の失敗の原因を追求していくうちに、エドワードは国を守るか家族を守るかの究極の選択を突きつけられることに…。ひとりの諜報員の波乱に満ちた人生を追いながら、米CIA成立の過程を描いた問題作。

cocoレビューを見る

スタッフ

キャスト

作品データ

  • 2007年10月20日より日劇1ほか全国にて公開
  • 原題The Good Shepherd
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット
  • 公式サイト
ジャンル
感情タグ

『グッド・シェパード』関連記事

ロバート・デ・ニーロ、自身の監督作『グッド・シェパード』をTVドラマ化! 画像
ゴシップ

ロバート・デ・ニーロ、自身の監督作『グッド・シェパード』をTVドラマ化!

ロバート・デ・ニーロが、2006年に監督を務めた『グッド・シェパード』のTVドラマ化を進めているようだ。マット・デイモンとアンジェリーナ・ジョリーが共演し、自身も出演した同作だが、今回デ・ニーロは米ケーブル局「Showtime」と提携して同作のTVシリーズの製作を進めているという。

第32回ケネディ・センター名誉賞をロバート・デ・ニーロらが受賞 オバマ大統領も祝福 画像
ゴシップ

第32回ケネディ・センター名誉賞をロバート・デ・ニーロらが受賞 オバマ大統領も祝福

6日、ワシントンD.C.で第32回ケネディ・センター名誉賞授与式が行われ、ロバート・デ・ニーロやブルース・スプリングスティーンをはじめとする5名の受賞者が出席、バラク・オバマ大統領も彼らを讃えるために登場した。

秋の夜長、人恋しくなったときに──vol.2 孤独な男の人生で人恋しさに浸る 画像
コラム

秋の夜長、人恋しくなったときに──vol.2 孤独な男の人生で人恋しさに浸る

めっきり秋らしくなりました。この頃は、ちょっと着るものに困る時期でもありますね。日中は爽やかな秋晴れでも、夜になるとかなり肌寒かったりして。そんな夜は、人恋しさも一段と募ります。そんな寂しさを吹き飛ばすためには、明るいコメディなどがおすすめ。でも、せっかくなので、この感覚にどっぷり浸りたいという方のためにあるのが今月のコラムです。

生涯をCIA諜報員としての生活に捧げた男のドラマ『グッド・シェパード』 画像
コラム

生涯をCIA諜報員としての生活に捧げた男のドラマ『グッド・シェパード』

ロバート・デ・ニーロが13年ぶりに監督を手掛けた本作では、カストロ政権の転覆を狙って行われたピッグス湾侵攻の失敗から始まり、その作戦を指揮した主人公のCIA諜報員、エドワード・ウィルソンの半生が回想形式で描かれていく。エドワードは第2次大戦中から合衆国のスパイ任務に従事し、終戦後に創設されたCIAの初期メンバーとなった男。彼の人生を紐解いていくことで、ピッグス湾侵攻が失敗に終わった理由も明かされていく。

13年ぶりの監督作『グッド・シェパード』を引っさげてロバート・デ・ニーロ来日! 画像
レポート

13年ぶりの監督作『グッド・シェパード』を引っさげてロバート・デ・ニーロ来日!

CIAの誕生、そして20世紀後半の世界を大きく揺るがした“冷たい戦争”の始まりへと続く歴史の波に翻弄された、一人の諜報員の人生を描き出した『グッド・シェパード』で13年の沈黙を破り、メガホンを握ったロバート・デ・ニーロ。主人公・エドワードの人生を大きく左右する存在となるサリヴァン将軍役として出演もしている彼が来日し、8月8日(水)に記者会見が行われた。

page top