『モンゴリアン・ピンポン』作品情報

2007年4月28日 公開の映画作品

あらすじ

モンゴルの雄大な自然の中に家族と暮らす少年・ビリグ(フルツァビリゲ)と同じ年頃の友達・エルグォートゥ(ゲリバン)とダワー(ダワー)にとっては、馬に乗って駆け回る大草原全体が遊び場。ある日、ビリグが川の水を汲みに行くと、上流から小さな白いピンポン球が流れてきた。しかし、卓球を知らない少年たちは謎の物体に興味津々。ビリグのおばあちゃんは、それは川の上流に住むという精霊の宝物「光る真珠」だという。しかし、夜じゅう待ってみても球は光らない。そんなある時、少年たちは偶然テレビから、あの白い球は「卓球」というスポーツに使われるボールらしい、ということを知る。さらにアナウンサーが続けて言う。「ご存知のように卓球は我々の国技、このボールは我が国家の球なのです」。これを聞いた3人はびっくり。「卓球」がどんなスポーツかはわからないけれど、そんなに大事な球がなくなって「国家」は困っているに違いない、「国家」のある北京まで球を返しにいこう、と思い立つ。馬とスクーターで北京を目指した3人。しかし、大草原は彼らの想像をこえてどこまでも広がっていた…。さあ、果たして少年たちは白い球の正体を探し当てることができるのだろうか?

スタッフ

監督

ニン・ハオ

キャスト

  • フルツァビリゲ
  • ダワー
  • ゲリバン
  • バデマ
  • ユーデンノリブ

作品データ

  • 2007年4月28日よりシアター・イメージフォーラムにて公開
  • 原題MONGOLIAN PING PONG / 緑草地
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© BAVARIA FILM INTERNATIONAL presents a KUNLUN BROTHER FILM & TV PRODUCTIONS LTD.
  • 公式サイト
ジャンル
感情タグ
page top