『TOKYO!』作品情報

公開の映画作品

あらすじ

『TOKYO!<インテリア・デザイン>』――駆け出しの映画監督である恋人・アキラ(加瀬亮)と一緒に上京してきたヒロコ(藤谷文子)。だが、なかなか期待通りの引越し先が見つからない上に、アルバイトもアキラだけが合格、夢にあふれる彼を横目に、ヒロコはだんだんと自分の居場所がないことを感じ始める…。そしてある朝、ヒロコが目覚めると、彼女の体の一部が木になっていた!? 『TOKYO!<メルド>』――大都市・東京で、突如マンホールから一人の謎の男が地上に出現。彼の名はメルド(ドゥニ・ラヴァン)。意味不明な言葉を発しながら、道行く人々に危害を加え始めた彼は、やがて手榴弾を渋谷の街に投げ込み、警察に拘束される。そしてこの謎の男の情報が世界中から寄せられる中、裁判が始まるのだが…。 『TOKYO!<シェイキング東京>』――東京のとある街で、10年間家を出ないまま、引きこもりの生活を続けている一人の男(香川照之)。ある日ピザを届けに来た美しい少女(蒼井優)と出会い、そんな彼の中の何かが揺れ始める。ところが、ピザ屋の店長によれば、彼女はもうバイトを辞めて永遠に家を出ないという。ついに家の外へと飛び出した彼は、彼女の住む街へと駆け出すのだが…。ミシェル・ゴンドリー、レオス・カラックス、ポン・ジュノという、N.Y.、パリ、ソウルで活躍する3人の鬼才による、東京を舞台にしたオムニバス映画。東京の“今”をファンタジックに映像化する。

スタッフ

監督

ポン・ジュノ

監督

ミシェル・ゴンドリー

監督

レオス・カラックス

キャスト

作品データ

  • 2008年8月16日より渋谷シネマライズ、シネ・リーブル池袋ほか全国にて順次公開
  • 原題
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット
  • 公式サイト
ジャンル
感情タグ

『TOKYO!』関連記事

ファッション小噺vol.90 映画とファッションの幸せなコラボ 画像
コラム

ファッション小噺vol.90 映画とファッションの幸せなコラボ

昔から、映画とファッションは切っても切れない間柄。一流デザイナーが衣裳を提供することは、もはや当たり前となっています。でも、日本ではそのさらに先を行く“コラボレーション”が花盛り。映画に登場したアイテムを売り出したり、映画そのものや、登場人物のイメージに合った商品をオリジナルで作ったり。以前は、それもタオルやキーホルダー、筆記用具などのノベルティグッズ系だったのですが、最近は本格的な商品として期間限定で売り出すことも珍しくなくなりました。

「ラストシーンがキレイ」“猛毒の3人”が描く『TOKYO!』の藤谷文子と加瀬亮 画像
インタビュー

「ラストシーンがキレイ」“猛毒の3人”が描く『TOKYO!』の藤谷文子と加瀬亮

ミシェル・ゴンドリー、レオス・カラックス、ポン・ジュノという個性的な3人の監督が大都市・東京を舞台にそれぞれ製作したショートムービーで構成される映画『TOKYO!』。中でも『エターナル・サンシャイン』や『恋愛睡眠のすすめ』のゴンドリー監督による『インテリア・デザイン』は、これまでの監督の世界観とはひと味違う作品に仕上がっている。そのゴンドリー監督のパートでヒロコとアキラを演じた藤谷文子と加瀬亮に話を聞いた。

ポン・ジュノが惚れ込んだ香川照之 でも本人は「引きこもりやらせるなら加瀬亮!」 画像
レポート

ポン・ジュノが惚れ込んだ香川照之 でも本人は「引きこもりやらせるなら加瀬亮!」

韓国・ソウルからポン・ジュノ、アメリカ・N.Y.からミシェル・ゴンドリー、そしてフランス・パリからはレオス・カラックス。3大都市から集まった3人の鬼才がそれぞれの“東京”を描くオムニバス作『TOKYO!』が遂に完成した。晩夏に迎える公開に先駆けて、「TOKYO!<シェイキング東京>」を手がけたポン・ジュノ監督が来日。7月2日(水)、監督を筆頭に香川照之、蒼井優、そしてゴンドリー監督作「TOKYO!<インテリア・デザイン>」より藤谷文子と加瀬亮が完成会見に出席した。

【カンヌ国際映画祭】小泉今日子もカンヌへ 黒沢清監督『トウキョウソナタ』出品決定 画像
スクープ

【カンヌ国際映画祭】小泉今日子もカンヌへ 黒沢清監督『トウキョウソナタ』出品決定

5月14日(現地時間)に開幕する世界の祭典の一つ、カンヌ国際映画祭。ゴールデンウィークが迫る中、遂にそのラインナップが正式に発表された。日本からは、各国の映画祭で高い評価を受け続ける黒沢清監督の最新作『トウキョウソナタ』と、東京を舞台にした話題のオムニバス『TOKYO!』が「ある視点部門」へ正式出品することが決定した。

監督3人が描くそれぞれの『TOKYO!』ミシェル・ゴンドリー監督パートが撮影終了 画像
レポート

監督3人が描くそれぞれの『TOKYO!』ミシェル・ゴンドリー監督パートが撮影終了

韓国からは『グエムル 漢江の怪物』のポン・ジュノ、フランスからは『ポンヌフの恋人』のレオス・カラックス、そして『恋愛睡眠のすすめ』のミシェル・ゴンドリーという、その演出力に定評のある3人の監督がそれぞれの角度から“東京”を描くオムニバス作品『TOKYO!』(仮題)。ポン・ジュノ監督による『Shaking Tokyo』はすでに撮影を終えているが、10月23日(火)からスタートしたゴンドリー監督の『Interior Design』(『Hiroko and Akira in Tokyo』からタイトル変更)の撮影も11月13日(火)に無事終了。そのクランクアップ会見が行われ、ゴンドリー監督と原作者のガブリエル・ベルが出席した。

「2人の関係を曖昧に見せたかった」加瀬亮が語る『オリヲン座からの招待状』 画像
インタビュー

「2人の関係を曖昧に見せたかった」加瀬亮が語る『オリヲン座からの招待状』

先日開催された東京国際映画祭でも特別招待作品として上映され好評を博した『オリヲン座からの招待状』。先代館主・松蔵が亡くなり、残された美しい妻・トヨと共に映画館・オリヲン座を守っていこうとする留吉。“先代の妻を寝取った”と陰口を叩かれながらも、オリヲン座を守り、トヨを支え続ける彼を演じた加瀬亮に話を聞いた。

『TOKYO!』最後の1つは裁判ストーリー! 「Merde」エキストラ大募集 画像
スクープ

『TOKYO!』最後の1つは裁判ストーリー! 「Merde」エキストラ大募集

韓国・フランスから名だたる3人の監督たちが日本に集結し、オムニバス形式で大都市「東京」を切り取る注目作『TOKYO!』(仮題)。トップバッターのポン・ジュノ監督が撮影を終え、続くミシェル・ゴンドリー監督も豪華キャストを揃えてスタートを切り、ますます盛り上がりを見せる本作。いよいよ最後となったレオス・カラックス監督の「Merde(メルド)」が、クランクインに向けてエキストラを大募集!

ゴンドリー版“TOKYO”がいよいよ撮影へ! 彼を唸らせたその豪華キャストとは? 画像
スクープ

ゴンドリー版“TOKYO”がいよいよ撮影へ! 彼を唸らせたその豪華キャストとは?

ポン・ジュノ、ミシェル・ゴンドリー、レオス・カラックスという名だたる世界の監督たちが集まり、“東京って何?”という難題を独自の視点で解明する『TOKYO!』(仮題)。「東京中の人々が引きこもりになってしまったら…」という摩訶不思議な設定で描かれるポン監督の「Shaking Tokyo」が先日無事に撮影を終え、続くゴンドリー監督「Hiroko and Akira in TOKYO」の撮影が間もなくスタート! 撮影を前に、藤谷文子、加瀬亮、伊藤歩、妻夫木聡、大森南朋という実力、個性を兼ね備えた布陣が発表された。

世界を代表する監督が集結! 東京を舞台にした『TOKYO!』(仮題)製作決定 画像
スクープ

世界を代表する監督が集結! 東京を舞台にした『TOKYO!』(仮題)製作決定

世界的に著名な3人の映画監督が、日本の大都市「東京」をキーワードに集結! 日本とは言葉も文化も異なる国の出身の監督が、豪華キャストを迎えて、日本=韓国=フランス合作のオムニバス映画『TOKYO!』(仮題)を製作することが決定した。

page top