『子供の情景』作品情報

2009年4月18日 公開の映画作品

あらすじ

破壊された石仏がその痕跡を残すアフガニスタンのバーミヤン。学校に通いたい6歳の少女・バクタイ(ニクバクト・ノルーズ)は、ノートを買うお金を手に入れるために、卵を売りに街へ出る。苦労の末にやっとノートを手に入れたバクタイだったが、石仏の前で少年たちに取り囲まれる。少年たちは一種のゲームとしてバクタイを詰問し、タリバンを模倣した方法でバクタイを処罰しようとする…。19歳のハナ・マフマルバフ監督が、タリバンに破壊されたアフガニスタン・バーミヤンの磨崖仏をモチーフに、そこに住む子供たちの現実を描いた長編劇映画第一作。第21回東京国際女性映画祭出品作品。

cocoレビューを見る

スタッフ

監督

ハナ・マフマルバフ

キャスト

  • ニクバクト・ノルーズ
  • アッバス・アリジョメ

作品データ

ジャンル
感情タグ

『子供の情景』関連記事

『子供の情景』トーク開催 アフガンの教育の現状を語る 「本は子供の心の栄養」 画像
レポート

『子供の情景』トーク開催 アフガンの教育の現状を語る 「本は子供の心の栄養」

イラン出身の新鋭監督ハナ・マフマルバフが、世界が見落としているアフガニスタンの現状を切り取った『子供の情景』。本作の公開を記念して、公開劇場の岩波ホールではこれまで2度にわたって、アフガニスタンで活動するNGOの方々に現地の実情を語ってもらうトークショーを開催してきた。5月26日(火)には、社団法人シャンティ国際ボランティア会の三宅隆史氏が来場し、アフガンの教育の現状について語った。

『子供の情景』アフガンの現状と未来を語るレクチャー開催 日本が出来る貢献とは? 画像
レポート

『子供の情景』アフガンの現状と未来を語るレクチャー開催 日本が出来る貢献とは?

アフガニスタンを舞台に、子供たちの視点から戦争の愚かさ、戦争が人々の心に与える傷を描き出した『子供の情景』が昨月より岩波ホールを始め全国各地で公開され、好評を博している。これを記念して5月23日(土)、岩波シネサロンにてアフガニスタンの最新の状況と未来の展望を語るレクチャーが開催され、アジアプレス・インターナショナル代表のジャーナリスト野中章弘氏、ジャパンプレス出身のジャーナリスト・山本美香氏、日本国際ボランティアセンターの長谷部貴俊氏の3名が出席。会場には定員を超える70名もの人々が来場した。

毎日かあさん×『子供の情景』も実現!チャリティカード販売ほか各種キャンペーン実施 画像
スクープ

毎日かあさん×『子供の情景』も実現!チャリティカード販売ほか各種キャンペーン実施

イランの若き才能、ハナ・マフマルバフ監督が、子供たちの視点を通してアフガニスタンの現状を切り取り、大人たちがこの地の子供たちの心に残した影、戦争の無慈悲さを描き出した『子供の情景』が先日より公開を迎えた。作品への高い評価と共に、オバマ米大統領の決断によるアフガンへの米軍増派のニュースなど再び国際社会の目がアフガンに向かう中での時事性の高さもあって、初日から幅広い層の観客が来場し、作品への高い注目度をうかがわせるスタートとなった。

ファッション小噺vol.104 チャリティのスタイルいろいろ 画像
コラム

ファッション小噺vol.104 チャリティのスタイルいろいろ

シネマカフェの運営会社・カフェグルーヴが、映画『子供の情景』公開を記念して、アフガニスタンの子供たちへ教育支援を行なうキャンペーン『NO MORE WAR! MORE BOOKS! 爆弾よりも本を!』を、共同提供のムヴィオラ、クレストインターナショナルと一緒にスタートさせましたね。

1クリックで、アフガニスタンの子供たちに“本”を 『子供の情景』寄付キャンペーン 画像
スクープ

1クリックで、アフガニスタンの子供たちに“本”を 『子供の情景』寄付キャンペーン

破壊された歴史的仏像の瓦礫がいまも残るアフガニスタン・バーミヤンを舞台に、そこで生きる子供たちの姿と大人たちが残した影を描く『子供の情景』が4月18日(土)に公開となる。本作の主人公は学校に通いたいと願う、6歳の少女・バクタイ。シネマカフェでは本作の公開を記念し、現地で教育支援活動を行ってきた国際NGO団体「セーブ・ザ・チルドレン」協力の下、“NO MORE WAR! MORE BOOKS! 爆弾よりも本を!”と題し、バクタイちゃんのようにバーミヤンに暮らす子供たちに本を贈るキャンペーンを実施している。

「子供たちに目を向けて!」『子供の情景』20歳のハナ・マフマルバフ監督が来日会見 画像
レポート

「子供たちに目を向けて!」『子供の情景』20歳のハナ・マフマルバフ監督が来日会見

タリバンによって破壊された石仏の瓦礫がいまだに残るアフガニスタンのバーミヤン。タリバンが去った後、世界から忘れられたこの地を舞台に子供たちの視点でアフガニスタンの現実を描写した『子供の情景』。4月18日(土)の公開を前に、ハナ・マフマルバフ監督が母国イランより来日を果たし、3月5日(木)に記者会見が開かれた。

アフガンの声なき声に耳を! ユニセフが『子供の情景』試写会の参加者を募集 画像
スクープ

アフガンの声なき声に耳を! ユニセフが『子供の情景』試写会の参加者を募集

全世界に衝撃を与えた「9.11」をきっかけに始まった「対テロ戦争」を通じ、国土を荒廃させたアフガニスタン。以来、ニュースの震源地としてクローズアップされてきたが、その一方で、実際にそこに暮らす人々の生活や苦境が世界に発信されることはほとんどなかった。そんな中、イランを代表する映画監督モフセン・マフマルバフの娘で19歳のハナ・マフマルバフは、子供の視点を通じて、テレビでは流れない現地の情景を長編デビュー作品『子供の情景』で描いた。タリバンに破壊された石仏の瓦礫が残るバーミヤンを舞台に、6歳の少女の小さな冒険から、戦争の無慈悲さや大人が子供に与える影響の大きさを寓話的に伝えている。

page top