『東京少女』作品情報

2008年2月23日 公開の映画作品

あらすじ

100年を隔てた、別々の時代に生きる男女が、とある日一つの携帯電話を通じて出会った。突然起きた地震によって、未歩(夏帆)の携帯電話が明治時代にタイムスリップ。電話を受け取ったのは、小説家志望の青年・時次郎(佐野和真)だった。やがて、2人は時空を越えて恋に落ちる――。

スタッフ

監督

小中和哉

キャスト

  • 夏帆
  • 佐野和真
  • 近藤芳正
  • 秋本奈緒美

作品データ

  • 2008年2月23日より新宿トーアほか全国にて順次公開
  • 原題
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© 2008「東京少女」製作委員会
  • 公式サイト
ジャンル
感情タグ

『東京少女』関連記事

夏帆「女の子なら分かってもらえると思う」携帯が繋ぐ100年の恋『東京少女』 画像
レポート

夏帆「女の子なら分かってもらえると思う」携帯が繋ぐ100年の恋『東京少女』

ふとしたはずみに落としてしまった携帯が明治時代の男性の手元に届いた。平成と明治、100年の時を超えて出会った2人が紡ぐ、切ない恋心を描いた『東京少女』。本作が2月23日(土)に初日を迎え、主演の夏帆を始め、佐野和真、福永マリカ、秋本奈緒美、近藤芳正の出演陣と小中和哉監督、そしてプロデューサーの丹羽多聞アンドリウが舞台挨拶に登壇した。

「映画の現場が大好きなんです」夏帆が明治時代の文学青年と恋に落ちた!? 画像
インタビュー

「映画の現場が大好きなんです」夏帆が明治時代の文学青年と恋に落ちた!?

母と2人暮らし、将来の夢は小説家…というごく普通の女子高生・未歩。ある日未歩は、携帯を落としてしまう。その携帯が辿り着いた先はなんと、明治時代。その携帯を拾ったのは時次郎という小説家志望の青年だった。“平成”と“明治”という時代を超えて会うことのできない恋を育んでいく『東京少女』。本作で未歩を演じた夏帆に話を聞いた。

「一人ぼっちの撮影さびしかった」夏帆が時空を超えて恋する『東京少女』完成披露 画像
レポート

「一人ぼっちの撮影さびしかった」夏帆が時空を超えて恋する『東京少女』完成披露

現代と明治、時空を超えてつながった携帯電話を通じて育まれる女子高生と小説化志望の青年の恋愛模様を描いた『東京少女』。本作の完成披露試写会が1月22日(火)に開催され、上映前の舞台挨拶に主演の夏帆と佐野和真に福永マリカ、そして小中和哉監督と丹羽多聞アンドリウプロデューサーが登壇した。

夏帆、100年前にタイムスリップ!? 切ない“大人の恋”に初挑戦した『東京少女』 画像
レポート

夏帆、100年前にタイムスリップ!? 切ない“大人の恋”に初挑戦した『東京少女』

もしも恋した相手が別の時代に生きる人だったとしたら——。現代と明治時代、100年の時空を越えてひとつのケータイを通して出会った2人の男女の、絶対に叶うことのない恋の物語『東京少女』。本作の完成披露記者会見が11月7日(水)に行われ、主演の夏帆と佐野和真、小中和哉監督とプロデューサーの丹羽多聞アンドリウが出席した。

page top