『ファクトリー・ガール』作品情報

2008年4月19日 公開の映画作品

あらすじ

1965年、ニューヨーク。アンディ・ウォーホル(ガイ・ピアース)が“FACTORY”と呼ばれるスタジオを構え、ポップ・アートの旗手として君臨していたある日、ひとりの魅力的な女の子が、活気と才能であふれるこのスタジオに登場した。由緒ある名家・セジウィック家の令嬢・イーディ(シエナ・ミラー)。大きな瞳に痩せっぽちの身体で奔放にふるまう彼女は、たちまちウォーホルとFACTORYに気に入られ、瞬く間に時代のミューズとなった。だが、あるひとりの人気絶頂のロック・スター(ヘイデン・クリステンセン)との出会いから、“ファクトリー・ガール”の運命の転落が始まる…。その美貌と圧倒的な存在感で一躍ポップ・カルチャーのアイコンとなりながらも、28歳という若さでこの世を去ったイーディ・セジウィックをシエナ・ミラーが熱演。

スタッフ

監督

ジョージ・ヒッケンルーパー

キャスト

作品データ

  • 2008年4月19日よりシネマライズにて公開
  • 原題FACTORY GIRL
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© 2006 Factory Girl.LLC
  • 公式サイト 公式サイト(英語)
ジャンル
感情タグ

『ファクトリー・ガール』関連記事

ファッション小噺vol.79 いつもよりちょっとお洒落なGWを 画像
コラム

ファッション小噺vol.79 いつもよりちょっとお洒落なGWを

ゴールデンウィークも近くなり、気候も爽やかになりつつある今日この頃。気分がウキウキし始めている人も少なくないはず。心が躍り始めるこんなときには、キラキラと輝く光に映える明るい色のアイテムを身につけたくなるのが女ゴコロ。この連休には何を着て出かけようかな…と考えている人のために、そして「ファッションにはちょっとうるさい」という方のために、今回は、ゴールデンウィークに楽しめるスタイリッシュな映画をラインナップしてみました。

主人公の栄光と転落、内なる孤独をシエナ・ミラーが魅せる『ファクトリー・ガール』 画像
コラム

主人公の栄光と転落、内なる孤独をシエナ・ミラーが魅せる『ファクトリー・ガール』

シエナ・ミラーと言えば、現代のおしゃれセレブであり、ジュード・ロウに始まる怒涛の恋愛遍歴からゴシップクイーン視されることも多い。『カサノバ』や『スターダスト』などで好演を見せてはいるものの、“女優シエナ・ミラー”を印象づける結果にはならなかった。そういう意味では、この『ファクトリー・ガール』こそが彼女の女優力を感じられる作品だと言える。

伝説のミューズ描く『ファクトリー・ガール』公開記念 葉山エレーナがモデルに挑戦 画像
レポート

伝説のミューズ描く『ファクトリー・ガール』公開記念 葉山エレーナがモデルに挑戦

1960年代、アンディ・ウォーホルによりポップ・アート旋風が巻き起こっていた時代。その美貌と圧倒的な存在感で時代のミューズとなったイーディ・セジウィックの28年という儚い人生を描いた『ファクトリー・ガール』。4月19日(土)の公開に先駆けて、4月9日(水)、試写会が開催。上映前には、サプライズファッションショーが行われ、本作のタイアップブランド「DEUXIEME CLASSE」がイーディをイメージしたファッションが披露された。ゲストモデルとして、朝の情報番組「スッキリ!!」でおなじみの日本テレビアナウンサー・葉山エレーヌが登場し、会場は大きな盛り上がりを見せた。

page top