『ラースと、その彼女』作品情報

2008年12月20日 公開の映画作品

あらすじ

雪が降り積もる小さい田舎町。そこに暮らすラース(ライアン・ゴズリング)は、人一倍優しくて純粋な心を持つが、極端にシャイで女の人と話すのが苦手。町の人々は、26歳のラースにずっと彼女がいないことを心配していた。そんなある日、彼に人生で初めてのガールフレンドが出来た。だが、それは等身大の人形・ビアンカだった! しかし、兄夫婦をはじめ、街の人たちは驚きながらも彼を傷つけないように、どうにかビアンカを受け入れようとする。そして、本当に彼女を愛しているラースの様子を見るうちに、ビアンカの存在が次第にみんなの心を癒していく…。そして、ラースにもある変化が訪れる――。『君に読む物語』のライアン・ゴズリング主演で贈る、心温まるリアル・ファンタジー。第80回アカデミー賞脚本賞ノミネート作品。

cocoレビューを見る

スタッフ

監督

クレイグ・ギレスピー

キャスト

作品データ

  • 2008年12月20日より渋谷シネクイント、シネ・リーブル池袋ほか全国にて公開
  • 原題LARS AND THE REAL GIRL
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© 2007 KIMMEL DISTRIBUTION,LLC All Rights Reserved
  • 公式サイト 公式サイト (英語)
ジャンル
感情タグ

『ラースと、その彼女』関連記事

『フライトナイト』C・ギレスピー監督 傑作恋愛映画の次に未知のホラーに挑んだワケ 画像
インタビュー

『フライトナイト』C・ギレスピー監督 傑作恋愛映画の次に未知のホラーに挑んだワケ

1985年、古典的となっていた“吸血鬼モノ”に新たな風を吹き込み、不動のジャンルとして確立させた伝説のホラー『フライトナイト』。ホラーファンに愛されてきたこの一作が四半世紀を経て、『フライトナイト/恐怖の夜』として3Dで甦った。オリジナルファンの期待を背負う形で本作に挑んだのは、『ラースと、その彼女』で一躍脚光を集めた気鋭、クレイグ・ギレスピー監督。ホラーは全く未知の領域だった彼がなぜ、いまこの映画のリメイクに挑もうと思ったのか? 話を聞いた。

一見アブナイ、シャイなラース青年をなぜか応援したくなる『ラースと、その彼女』 画像
コラム

一見アブナイ、シャイなラース青年をなぜか応援したくなる『ラースと、その彼女』

面白い小説を映画として観たいと思うこともあれば、“○○の映画化”、“○○シリーズ”というマンネリな状況に飽きてしまうこともある。そこで、新鮮な空気を吹き込んでくれるのがオリジナル脚本の存在だ。どんな題材なのか、どんなストーリーなのか、全く知らないからこそ楽しみも膨らむ。今回紹介する『ラースと、その彼女』もそんなドキドキを与えてくれるヒューマン・ドラマだ。

ディラン、美女を巡る争いで大阪のスターに敗北? 「日本でこんな恥かくとは(怒)」 画像
レポート

ディラン、美女を巡る争いで大阪のスターに敗北? 「日本でこんな恥かくとは(怒)」

心優しく、極端に女性に対してシャイな青年・ラースが連れてきた新しいガールフレンド、ビアンカ。だが、彼女はリアル・ドールだった——!? 『きみに読む物語』の二枚目俳優ライアン・ゴズリング扮するラースと彼を見守る家族や町の人々のドラマを描いた、心温まる感動作『ラースと、その彼女』が12月20日(土)に公開される。これを記念し、このたびヒロインのリアル・ドール、ビアンカが来日! 彼女のハリウッド仲間というディラン・マッケイ(なだぎ武)、さらにスペシャルゲストとして大阪名物の人形タレント・くいだおれ太郎を招いてのクリスマスイベントが開催された。

page top