『リトル・ランボーズ』作品情報

2010年11月6日 公開の映画作品

あらすじ

イギリスの片田舎に住む11歳の少年・ウィル。厳格な戒律を守るプリマス同胞協会である彼の家庭では、テレビも見てはダメ、フィクションの小説もダメ。ポップスも禁止、新聞、スポーツ観戦、ラジオ、芸術、もちろんアクション映画なんて禁止中の禁止事項だ。そんなウィルは、偶然クラスのいじめっ子・カーターと出会い、ある日突然、彼の家で『ランボー』を見てしまう。初めて見るテレビ、初めて見る映画、はじめて見るランボー! すっかりランボーの虜になってしまったウィルは、放課後になると“プチ・ランボー”に変身して、カーターの映画製作に協力するのだった。ところが不慮の事故が起こり、ウィルは入院する羽目に…。映画『ランボー』に憧れた11歳の少年が繰り広げる、とびきりポップなコメディ。『銀河ヒッチハイク・ガイド』のガース・ジェニングスの長編映画2作目。

スタッフ

監督

ガース・ジェニングス

キャスト

  • ゾフィア・ブルックス
  • ニール・ダッジオン
  • タルラー・エヴァンス

作品データ

  • 2010年11月6日より渋谷シネクイントほか全国にて公開
  • 原題Son of Rambow
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© Hammer&Tongs,Celluloid Dream,Arte France,Network Movie,Reason Pictures
  • 公式サイト 公式サイト(英語)
ジャンル
感情タグ
page top