『シネマ歌舞伎 京鹿子娘二人道成寺』作品情報

2007年1月13日 公開の映画作品

あらすじ

紀伊国の道成寺では、新しい釣鐘の供養が行われていた。道成寺の釣鐘は、恋人・安珍を追いかけ、恋しさのあまり大蛇と化した清姫によって焼き滅ばされていたのだった。そこへ現れた白拍子花子(坂東玉三郎・尾上菊之助)は、鐘の供養を拝みたいと頼み込んでくる。舞を舞うことを条件に参列を許された花子は、様々に舞い、踊る。しかし、実はこの花子こそが清姫の怨霊で、その昔、安珍を匿い、自分との仲を隔てた釣鐘に恨みを残していたのだ。僧たちの油断を見澄ました花子は、やがて大蛇の正体を現すが…。

cocoレビューを見る

スタッフ

キャスト

  • 坂東玉三郎
  • 尾上菊之助

作品データ

  • 2007年1月13日より東劇ほか全国にて公開
  • 原題
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット
ジャンル
感情タグ
page top