『赤んぼ少女』作品情報

2008年8月2日 公開の映画作品

あらすじ

空襲の夜に行方不明になり、孤児院暮らしをしてきた15歳の美少女・葉子(水沢奈子)。晴れて生家である南条家に戻ることになり、葉子は初めて会う両親との新生活を始める。しかし、部屋に一人になった瞬間、葉子は突然何者かに足を掴まれた。それは、“タマミ”というもう一人の南条家の娘だったのだ…。過去の間違いによって生まれた悲しき運命が浮き彫りにする、人の心の残忍さとは? 原作は、楳図かずおの同名トラウマ漫画。多くの者の心にトラウマを残した強烈キャラクター“タマミ”を、『地獄甲子園』の山口雄大監督が実写化した。

スタッフ

監督

山口雄大

キャスト

作品データ

  • 2008年8月2日よりシアターN渋谷、シネ・リーブル池袋ほか全国にて順次公開
  • 原題
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© 2008 楳図かずお・小学館/『赤んぼ少女』フィルムパートナーズ
  • 公式サイト
ジャンル
感情タグ
page top