『ホウ・シャオシェンのレッド・バルーン』作品情報

2008年7月26日 公開の映画作品

あらすじ

7歳の息子・シモン(シモン・イテアニュ)と2人で一緒にパリで暮らす、人形劇師のスザンヌ(ジュリエット・ビノシュ)。新作の準備に追われる日々の中で、スザンヌは、友人とのトラブル、夫との別居状態などによって情緒不安定になっていた。そんなある日、彼女に代わり、中国人留学生のソン(ソン・ファン)が、シモンのベビーシッターとしてやって来る。映画学生であるソンは、やがてシモンと打ち解け、ラモリスの『赤い風船』の舞台となったこの町で、彼を主役にした映画を作り始める。そして、パリの街を漂う赤い風船が、孤独なシモンをじっと見守るかのようについてくる――。『珈琲時光』のホウ・シャオシェンが、アルベール・ラモリス監督と『赤い風船』にオマージュを捧げ、パリを優しい視線で描く。

cocoレビューを見る

スタッフ

監督

ホウ・シャオシェン

キャスト

作品データ

  • 2008年7月26日よりシネスイッチ銀座にて公開
  • 原題Le Voyage du Ballon Rouge
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© 3H PRODUCTIONS-MARGO FILMS-LES FIMS DU LENDEMAIN-ARTE France Cinema
  • 公式サイト
ジャンル
感情タグ

『ホウ・シャオシェンのレッド・バルーン』関連記事

風船に乗せて感動を再び シネマカフェ限定『赤い風船』DVDボックス予約スタート! 画像
スクープ

風船に乗せて感動を再び シネマカフェ限定『赤い風船』DVDボックス予約スタート!

1956年に公開されて以来、世界中の人々に愛されてきた名作『赤い風船』。この夏、デジタル・リマスターにより、もう一つの名作『白い馬』とともにスクリーンに甦り、再び感動をもたらした本作が、今冬、早くもDVDとなって登場する。この発売に先駆けて、シネマカフェでは10月2日(木)、ここでしか手には入らない貴重な特典付き『赤い風船』プレミアムDVDボックスの予約をスタート!

最新作『レッド・バルーン』同時公開 ホウ・シャオシェン×アン・リー特集上映決定 画像
スクープ

最新作『レッド・バルーン』同時公開 ホウ・シャオシェン×アン・リー特集上映決定

かつて世界中の絶賛を浴びた「台湾ニューウェーヴ」の第一世代を代表する名匠ホウ・シャオシェン。彼が、自身の創作に多大な影響を与えた名作『赤い風船』へのオマージュとして製作した『ホウ・シャオシェンのレッド・バルーン』が、シネスイッチ銀座に続き、8月16日(土)よりシネマート六本木にて公開される。

ファッション小噺vol.84 アイメイクは女の“真剣”『レッド・バルーン』でも… 画像
コラム

ファッション小噺vol.84 アイメイクは女の“真剣”『レッド・バルーン』でも…

先日、とある媒体で執筆記事と共に写真を掲載することになり、撮影をしました。といっても、スタジオでポーズをつけて…というような本格的なものではなく、制作プロダクションでちょこちょこっと、という感じ。サイズもとっても小さいものです。それでも、プロのフォトグラファーに撮影していただく上、発行部数30万部という媒体ですから、撮られ馴れていない私としてはキンチョーします。そこで、“写真うつりがぼんやりしている”といういつものパターンを壊すべく、当日はしっかりアイメイクをしていきました。普段は良く言えばナチュラルメイク、要するに手抜きメイクで通している私ですが、この日ばかりはアイラインを引き、マスカラをつけて出発! でも、いつも顔を合わせている事務所の方に、「化粧が濃いんじゃない?」と言われ、冷や汗。やっぱりね…。でも、プロのモデルや女優たちの撮影に何度か立ち会っている私としては、写真になれば大丈夫と言い聞かせ、そのままカメラの前に立ったのでした。結果的には、万事OK。小さく加工された写真では、化粧が濃いことなどわかりません。

page top