『幸せの1ページ』作品情報

2008年9月6日 公開の映画作品

あらすじ

アレクサンドラ(ジョディ・フォスター)は、大人気の冒険小説家。しかし、引きこもりの彼女が書くヒーローは、空想で作った理想の男性像だった。そんなある日、アレクサンドラは南の島の少女・ニム(アビゲイル・ブレスリン)から、物語のヒーロー宛のSOSのメールを受け取る。ジャングルで独りぼっちのニムを救うため、アレクサンドラは初めて家の外へ出て、サンフランシスコからボルネオ、そして南太平洋へと旅立つ。しかし、数々のトラブルがアレクサンドラを待ち受けていた!

スタッフ

監督

ジェニファー・フラケット

監督

マーク・レヴィン

キャスト

  • ジョディ・フォスター
  • アビゲイル・ブレスリン
  • ジェラルド・バトラー

作品データ

  • 2008年9月6日より丸の内ピカデリー2ほか全国にて公開
  • 原題Nim's Island
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© Copyright Walden Media, LLC. All Rights Reserved.
  • 公式サイト 公式サイト (英語)
ジャンル
感情タグ

『幸せの1ページ』関連記事

インディ・ジョーンズ顔負け? ジョディ・フォスターも絶賛の小さな女優に惚れ惚れ! 画像
コラム

インディ・ジョーンズ顔負け? ジョディ・フォスターも絶賛の小さな女優に惚れ惚れ!

『幸せの1ページ』というなんとも文学的な邦題が付けられ、しかもジョディ・フォスターが出ているということは…社会派ドラマ? それともサスペンス? と、想像する人も多いだろう。だが、これはジョディには珍しいアドベンチャー・コメディ。

コメディ挑戦のジョディ・フォスター「誰もが人生のヒーローだと教えてくれる映画」 画像
インタビュー

コメディ挑戦のジョディ・フォスター「誰もが人生のヒーローだと教えてくれる映画」

『タクシードライバー』('76)の少女娼婦役で13歳にしてアカデミー賞ノミネートを果たし、その後、『告発の行方』('88)と『羊たちの沈黙』('90)で2度のアカデミー賞に輝くハリウッドのトップ女優、ジョディ・フォスター。誰もが認める素晴らしいキャリアの持ち主だが、意外にもコメディ作品との縁が薄いことに少し驚く。そんな彼女が「自分のコミカルな一面を見せたい!」と選んだのは、チャーミングなアドベンチャー・コメディ『幸せの1ページ』だった。

ジョディが誰よりも称賛する名優の正体は? 『幸せの1ページ』ジャパンプレミア 画像
レポート

ジョディが誰よりも称賛する名優の正体は? 『幸せの1ページ』ジャパンプレミア

ジョディ・フォスターがこれまでのイメージをガラリと変えるような、対人恐怖症で引きこもりの作家を演じたことで話題の『幸せの1ページ』が9月6日(土)に公開を迎える。来日中のジョディが前日の記者会見に続き、8月19日(火)に開催された本作のジャパンプレミアに登場した。

「ママがバカするのが楽しかったみたい」ジョディ・フォスター、最新作を引っさげ来日 画像
レポート

「ママがバカするのが楽しかったみたい」ジョディ・フォスター、最新作を引っさげ来日

人々に勇気を与える冒険小説を書くベストセラー作家でありながら、実は対人恐怖症で引きこもりのアレクサンドラ・ローバー。そんな彼女が、ある一人の少女からのSOSをきっかけに、新たな自分を発見する旅へと飛び出す姿を描いた『幸せの1ページ』が9月6日(土)より公開される。これに先立ち、アレクサンドラをチャーミングに演じた主演のジョディ・フォスターが来日! 8月18日(月)に行われた記者会見に出席した。

キャメロン・ディアスが新作でスキンヘッド姿に 画像
ゴシップ

キャメロン・ディアスが新作でスキンヘッド姿に

キャメロン・ディアスが現在ロサンゼルスで撮影中の主演作『My Sister's Keeper』(原題)で、スキンヘッドになった。

page top