『アキレスと亀』作品情報

2008年9月20日 公開の映画作品

あらすじ

裕福な家庭に生まれながら、突然の両親の死によってひとりぼっちになってしまった真知寿(まちず)少年(吉岡澪皇)。それ以来、彼はずっと描いてきた“画家になる”という夢だけを人生の指針として生きることにした。やがて、そんな真知寿(柳憂怜)の前に、一人の理解者が現れる。絵に対する彼の純粋さに心惹かれた幸子(麻生久美子)。2人は結ばれ、画家の夢は夫婦の夢となる。だが、彼の作品は全く評価されることなく、2人の創作活動は次第に街や警察をも巻き込むほどにエスカレートしていき、家庭崩壊の危機にまで直面していくのだが…。売れない画家の夫と、彼を支え励ます妻を描いた、愛と幸福の物語。若き頃の夫婦を柳憂怜と麻生久美子が、その後をビートたけしと樋口可南子が演じる。

cocoレビューを見る

スタッフ

監督

北野武

キャスト

作品データ

  • 2008年9月20日よりテアトル新宿、銀座テアトルシネマにて公開
  • 原題
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© 2008『アキレスと亀』製作委員会
  • 公式サイト
ジャンル
感情タグ

『アキレスと亀』関連記事

たけし帰国会見 仏芸術文化勲章最高章は「黒澤さんが貰ったやつ、すげえ」 画像
レポート

たけし帰国会見 仏芸術文化勲章最高章は「黒澤さんが貰ったやつ、すげえ」

映画監督・北野武が3月13日(土)、フランスから帰国した。9日(火)にフランス文化省から芸術文化勲章の最高章「コマンドール」を授与されたことを受けて成田空港で会見した北野監督は、金メダルのボケを繰り出しつつ「黒澤(明)さんがもらっているならすげぇ」と喜びの心境を語った。

「オレの売りは“外国では評価が高い”(笑)」世界のキタノ『アキレスと亀』を語る 画像
インタビュー

「オレの売りは“外国では評価が高い”(笑)」世界のキタノ『アキレスと亀』を語る

先日開催されたヴェネチア国際映画祭でも高い評価を受け、いよいよ公開となる北野武監督最新作の『アキレスと亀』。絵を描くことが好きで、絵を描くことでしか気持ちを表現できない主人公・真知寿を少年期、青年期、中年期に渡って描いた本作について、人生におけるアートの意味を北野武監督が語った。

たけし、ヴェネチアから帰国早々『ポニョ』とミッキー・ロークへの怒りを爆発! 画像
レポート

たけし、ヴェネチアから帰国早々『ポニョ』とミッキー・ロークへの怒りを爆発!

先日開催されたヴェネチア国際映画祭のコンペティション部門に出品され、惜しくもグランプリ受賞はならなかったものの、現地の批評家、マスコミ、そしてファンに称賛をもって受け止められた北野武監督の『アキレスと亀』。9月20日(土)より日本での公開を迎える本作の試写会が9月11日(火)に開催された。上映前の舞台挨拶に、北野監督に共演の樋口可南子、麻生久美子、柳憂怜が登壇し、会場は大きな盛り上がりを見せた。

【ヴェネチアレポート09】あの三巨匠だけじゃない! 世界で活躍する日本人俳優たち 画像
レポート

【ヴェネチアレポート09】あの三巨匠だけじゃない! 世界で活躍する日本人俳優たち

『アキレスと亀』、『崖の上のポニョ』、『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』と日本映画の話題作が続くヴェネチア。しかし日本人の活躍は、邦画だけに留まらない。

【ヴェネチアレポート05】世界のキタノの陰で『ギララ』タケ魔人にも歓声 画像
レポート

【ヴェネチアレポート05】世界のキタノの陰で『ギララ』タケ魔人にも歓声

『アキレスと亀』のレッドカーペットに、もう一人のたけしが!

【ヴェネチアレポート04】たけし、2度目の金獅子賞に向けて評価は上々 画像
レポート

【ヴェネチアレポート04】たけし、2度目の金獅子賞に向けて評価は上々

ヨーロッパで絶大な人気を誇る北野武監督。コンペの筆頭を飾る『アキレスと亀』の公式上映では、冒頭の音声トラブルで10分ほど中断するというアクシデントに見舞われたが、上映中から拍手が起こるほど観客は好反応。最後は5分間にわたってスタンディングオベーションを受け、北野監督も共演の樋口可南子も大感激。

【ヴェネチアレポート03】朝から晩まで“キタノ・ばんざい”! 画像
レポート

【ヴェネチアレポート03】朝から晩まで“キタノ・ばんざい”!

映画祭2日目の28日、ヴェネチアはまさに“キタノ・デー”だった。『アキレスと亀』で、『HANA−BI』以来2度目の金獅子賞に挑む北野武監督は、まずは午前11時半から公式記者会見に登場。売れない画家・真知寿を自ら演じた監督は「画家も監督も同じ。自分の映画も当たらないが、続けていくことに意味がある」と語った。さらに、夕方には第2回「監督・ばんざい!」賞の授賞式にプレゼンターとして出席。これはヴェネチア国際映画祭が、映画界に多大な貢献をした北野監督の栄誉を称えて昨年創設した賞で、今年の受賞者は『友だちのうちはどこ?』などで知られるイランの名匠、アッバス・キアロスタミ監督。北野監督は「日本でも人気のあるキアロスタミ監督にこの賞をあげられて、こちらの方が光栄です」と、授与する立場に恐縮していた。

【ヴェネチア映画祭】いよいよ開幕! オープニングはブラピ&ジョージ×コーエン兄弟 画像
レポート

【ヴェネチア映画祭】いよいよ開幕! オープニングはブラピ&ジョージ×コーエン兄弟

世界三大映画祭の一つ、ヴェネチア国際映画祭が8月27日(水)に開幕した。今年のオープニングは、『ノーカントリー』でアカデミー賞3冠に輝いたジョエル&イーサン・コーエン兄弟監督の『バーン・アフター・リーディング (原題)』。ブラッド・ピット、ジョージ・クルーニー、ジョン・マルコヴィッチ、フランシス・マクドーマンド、ティルダ・スウィントンという豪華キャストもさることながら、コーエン兄弟が最も得意とするクライム・コメディというジャンルで早くも2年連続アカデミー賞受賞という声も出るほどの完成度を誇る作品。現地時間27日に本作の記者会見が行われた。

『ポニョ』興収100億突破の次は1,000万人動員、ヴェネチアでの活躍にも期待! 画像
スクープ

『ポニョ』興収100億突破の次は1,000万人動員、ヴェネチアでの活躍にも期待!

7月19日(土)に公開して以来5週連続で興行成績1位をキープしている『崖の上のポニョ』が、公開から31日目となる8月18日(月)に早くも興行収入100億円を突破した。

オダジョー、3年連続ヴェネチア出品 宮崎駿に押井守、北野武ら巨匠にあの奇作も参戦 画像
スクープ

オダジョー、3年連続ヴェネチア出品 宮崎駿に押井守、北野武ら巨匠にあの奇作も参戦

日本を代表する実力派俳優のオダギリジョーに、人気シリーズの続編として話題を集める『ハムナプトラ3/呪われた皇帝の秘宝』などハリウッド作品にも出演するアンソニー・ウォンなど、日本、中国、香港、台湾、そしてブラジルと国際色豊かな顔ぶれが集った『PLASTIC CITY』(写真)。オールブラジルロケで製作された本作が、8月27日(水)よりイタリアのヴェネチアで開催される、世界三大映画祭の中で最も古い歴史を持つ、第65回ヴェネチア国際映画祭のコンペティション部門に出品されることが決定した。

北野武作品の名プロデューサーが日本映画業界の実態を語る NCW特別セミナー開催! 画像
レポート

北野武作品の名プロデューサーが日本映画業界の実態を語る NCW特別セミナー開催!

製作から配給・宣伝まで、映画業界を目指す人々を育成する場として、11年の歴史を歩んできた「ニューシネマワークショップ(以下NCW)」。本校のカリキュラムのひとつ、次代の映画プロデューサーを養成する「映画プロデューサーコース」の本年度第2期プログラムが10月よりスタートする。これに先立ち、7月21日(月・祝)、「プロデューサーってこんなにスゴい!!」と題し、北野武監督作品のプロデューサーで「オフィス北野」代表取締役の森昌行氏と、本コースで教鞭も執る映画プロデューサーの河井信哉氏を講師に招いて、2時間にわたる熱いトークイベントが繰り広げられた。

「プロデューサーってこんなにスゴい!!」 NCW特別セミナー開催! 画像
スクープ

「プロデューサーってこんなにスゴい!!」 NCW特別セミナー開催!

開設から11年——。映画監督や宣伝マン、プロデューサーなど映画業界を目指す人々を育成し、数多くの映画人を輩出してきたニューシネマワークショップ(以下「NCW」)が2007年、次代の映画プロデューサーを養成する「映画プロデューサーコース」を開講。今年10月に第2期を迎える本コースのプレイベントとして、7月21日(月・祝)より特別セミナー「プロデューサーってこんなにスゴい!!」が開催される。

北野武「今回はマジメに」と意気込み 最新作『アキレスと亀』製作発表会見 画像
レポート

北野武「今回はマジメに」と意気込み 最新作『アキレスと亀』製作発表会見

昨年のカンヌを沸かせた前作『監督・ばんざい!』に続き、北野武が次に贈るのは、夢を追い続ける画家と彼を愛し続ける妻の物語! その名も『アキレスと亀』が今秋の公開を目指して、2月にクランクイン。現在も快調に撮影が進められている本作の製作会見が4月9日(水)に行われ、北野監督はじめ、樋口可南子、麻生久美子、柳憂怜が出席した。

page top