『真夏のオリオン』作品情報

2009年6月13日 公開の映画作品

あらすじ

第二次世界大戦末期の沖縄南東海域。日本海軍は米海軍の燃料補給路を叩くため、倉本孝行(玉木宏)率いるイ−77を始めとする最後の潜水艦隊を配備していた。倉本たちが迎え撃つのは、大胆かつ周到な知略で日本側の防衛ラインを突破するスチュアート艦長率いる駆逐艦パーシバル。いつ戻るとも知れぬ作戦の出航前、倉本は想いを寄せる志津子(北川景子)から「真夏のオリオン」と題された、手書きの楽譜を手渡される。志津子は、真夏の夜空に見られたら吉兆と言われるオリオンの輝きに想いを託したのだ。そして、64年後。倉本の孫娘・いずみ(北川景子)の元に、なぜかアメリカ人の手からその楽譜が届くのだった――。池上司の「雷撃深度一九・五」を原作に、第二次大戦末期の日本潜水艦と米駆逐艦の壮絶な攻防戦、そして人間の絆を描くエンターテイメント超大作。監修・脚色を「亡国のイージス」、「終戦のローレライ」の福井晴敏が務める。

cocoレビューを見る

スタッフ

監督

篠原哲雄

キャスト

作品データ

  • 2009年6月13日より全国東宝系にて公開
  • 原題
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© 2009「真夏のオリオン」フィルムパートナーズ
  • 公式サイト
ジャンル
感情タグ

『真夏のオリオン』関連記事

“玉ちゃん”コールにも爽やか笑顔 玉木宏「理想のリーダーを演じられたことが誇り」 画像
レポート

“玉ちゃん”コールにも爽やか笑顔 玉木宏「理想のリーダーを演じられたことが誇り」

真夏の空に現れたら吉兆と言われるオリオンの輝きに想いを託した一つの楽譜を軸に、米海軍駆逐艦と戦った日本の潜水艦隊の男たちの勇姿を時を超えて語り継ぐ『真夏のオリオン』。6月13日(土)、本作が公開初日を迎え、主演の玉木宏、北川景子、堂珍嘉邦(CHEMISTRY)、平岡祐太、吉田栄作、そして監督の篠原哲雄と監修の福井晴敏が初回上映後の舞台挨拶に登壇した。

玉木艦長の号令の下、総勢12名が敬礼! 『真夏のオリオン』完成披露舞台挨拶 画像
レポート

玉木艦長の号令の下、総勢12名が敬礼! 『真夏のオリオン』完成披露舞台挨拶

太平洋戦争末期、戦局が悪化する中で、米軍本土上陸を阻止すべく最後の防衛線を張った潜水艦隊の戦いを描いた池上司の「雷撃深度一九・五」を原作に、力強い生への希望を映し出した『真夏のオリオン』。5月12日(火)、本作の完成披露試写会が行われ、主人公の倉本艦長を演じた玉木宏とヒロインの北川景子に加え、堂珍嘉邦(CHEMISTRY)、平岡祐太、益岡徹、吉田栄作、吹越満、黄川田将也、鈴木拓(ドランクドラゴン)、太賀ら艦隊員メンバー、そして監督の篠原哲雄と監修の福井晴敏、総勢12名がステージに集結した。

北川景子、モンペに快感! 玉木宏の変わらない体型に名作曲家からイチャモンも 画像
レポート

北川景子、モンペに快感! 玉木宏の変わらない体型に名作曲家からイチャモンも

「亡国のイージス」、「終戦のローレライ」など映画化もされた人気小説を世に送り出した福井晴敏の監修の下、太平洋戦争末期の日本軍「イ-77」潜水艦と米駆逐艦の息詰まる死闘、そして艦員たちのドラマを描いた『真夏のオリオン』が6月13日(土)より公開される。1月22日(木)に本作の製作報告会見が開かれ、福井さんに監督の篠原哲雄、音楽を担当した岩代太郎らスタッフ陣に加え、玉木宏、北川景子、堂珍嘉邦(CHEMISTRY)、平岡祐太、吉田栄作らキャスト陣も出席した。

page top