『PLASTIC CITY プラスティック・シティ』作品情報

2009年3月14日 公開の映画作品

あらすじ

ブラジルで生まれ育った日系ブラジル人のキリン(オダギリ ジョー)は、育ての親であるユダ(アンソニー・ウォン)が仕切るショッピングモールで闇稼業をしていた。それなりに安定した日々を送る2人だったが、やがてユダを失脚させようとする動きが起こり、彼らの周りがにわかに騒がしくなってくる。そしてある日、ユダの命が狙われたことをきっかけに、キリンの人生が急展開し始める…。オダギリジョー、アンソニー・ウォン始め、中国、香港、台湾、ブラジルから多彩な顔ぶれが揃ったユー・リクウァイ監督の長編3作目。

スタッフ

監督

ユー・リクウァイ

キャスト

作品データ

  • 2009年3月14日よりヒューマントラストシネマ渋谷、新宿バルト9ほか全国にて順次公開
  • 原題PLASTIC CITY
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット
  • 公式サイト
ジャンル
感情タグ

『PLASTIC CITY プラスティック・シティ』関連記事

長髪からイメチェンのオダギリジョー、海外作品続くも「日本の仕事がしたい…」 画像
レポート

長髪からイメチェンのオダギリジョー、海外作品続くも「日本の仕事がしたい…」

近年、日本国内のみならず海外でも高い評価を受けるオダギリジョーと、香港映画になくてはならない名優、アンソニー・ウォンを主演に迎え、異国の地・ブラジルに生きる移民たちの血よりも濃い絆を描き出した『PLASTIC CITY プラスティック・シティ』。本作が3月14日(土)に公開初日を迎え、日系ブラジル人のキリンを演じたオダギリさんによる初日舞台挨拶が行われた。

オダギリジョー×アンソニー・ウォン 国境・年齢を越えた“あうんの呼吸” 画像
インタビュー

オダギリジョー×アンソニー・ウォン 国境・年齢を越えた“あうんの呼吸”

香港の監督と俳優、日本の俳優、様々な国から集まったスタッフがブラジルで撮った『PLASTIC CITY プラスティック・シティ』。アジア系移民の暮らすブラジルの街を舞台に、血の繋がらない“父と息子”の物語を、時にリアルに、時に神秘的に描いたのは、ジャ・ジャンクー監督の撮影監督として知られるユー・リクウァイ監督。幼少の頃に両親と死別した青年・キリンを演じたオダギリジョーと、ジャングルでキリンを拾った育ての親・ユダを演じたアンソニー・ウォンに話を聞いた。

全編ブラジルロケによる映像美が圧巻 オダギリジョー主演『プラスティック・シティ』 画像
コラム

全編ブラジルロケによる映像美が圧巻 オダギリジョー主演『プラスティック・シティ』

日系ブラジル人のキリン(オダギリジョー)は、幼い頃にアマゾンのジャングルで両親を殺され、命を救ってくれたアジア系ブラジル人のユダ(アンソニー・ウォン)の息子として育てられる。そして、成長したキリンはユダが経営するショッピングモールでコピー商品を売りさばく闇稼業に手を染めながらも、恋人と安定した日々を送っていた。しかし、ある日ユダの失脚を企む組織との抗争が勃発、次々と悲劇が2人に降りかかるのだった…。

アンソニー・ウォン、なぜかかつらで登場にオダギリジョーも突っ込むか流すか困惑? 画像
レポート

アンソニー・ウォン、なぜかかつらで登場にオダギリジョーも突っ込むか流すか困惑?

ブラジルを舞台に、闇稼業に従事する日系人たちの血よりも濃く、固い絆を描いた『PLASTIC CITY』。日本、中国、香港、そしてブラジルから輝く才能を結集して製作された本作の記者会見が2月3日(火)に開かれ、主演のオダギリジョー、来日中のアンソニー・ウォン、ユー・リクウァイ監督が出席した。

オダジョー、3年連続ヴェネチア出品 宮崎駿に押井守、北野武ら巨匠にあの奇作も参戦 画像
スクープ

オダジョー、3年連続ヴェネチア出品 宮崎駿に押井守、北野武ら巨匠にあの奇作も参戦

日本を代表する実力派俳優のオダギリジョーに、人気シリーズの続編として話題を集める『ハムナプトラ3/呪われた皇帝の秘宝』などハリウッド作品にも出演するアンソニー・ウォンなど、日本、中国、香港、台湾、そしてブラジルと国際色豊かな顔ぶれが集った『PLASTIC CITY』(写真)。オールブラジルロケで製作された本作が、8月27日(水)よりイタリアのヴェネチアで開催される、世界三大映画祭の中で最も古い歴史を持つ、第65回ヴェネチア国際映画祭のコンペティション部門に出品されることが決定した。

page top