『ララピポ』作品情報

2009年2月7日 公開の映画作品

あらすじ

一千万以上もの人々が行き交う大都会、東京。そこに、今日も高みを見上げるしかない人間たちが必死に這いつくばって生きていた――。野心家の風俗専門のスカウトマン・栗野健治(成宮寛貴)に、ロリータファッションでアニメ声優を志望するデブ専AV女優・玉木小百合(村上知子)、栗野の生活を秘かに羨む対人恐怖症の高学歴フリーライター・杉山博(皆川猿時)、スーパーヒーローを夢想するSFオタクのカラオケボックス店員・青柳光一(吉村崇)、栗野との関係にハマリ、彼に言われるがまま風俗店で働く元OLのトモコ(中村ゆり)、そしてトモコの母親であり、壮絶な臭いを放つゴミ屋敷の主婦にして淫乱熟女・佐藤良枝(濱田マリ)。一見、無関係な彼らのドラマが、東京の空の下で少しずつ交錯する。やがて、この6人の人生にそれぞれ思いがけないクライマックスが訪れることになる。ダメダメな彼らの運命は、いったいどこへ向かうのだろうか!? 原作・奥田英朗(『空中ブランコ』)、脚本・中島哲也(『嫌われ松子の一生』)が贈るセックス・コメディ。

cocoレビューを見る

スタッフ

監督

宮野雅之

キャスト

作品データ

  • 2009年2月7日より渋谷シネクイント、シネ・リーブル池袋、新宿ミラノ3ほか全国にて公開
  • 原題
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© 2009「ララピポ」製作委員会
  • 公式サイト
ジャンル
感情タグ

『ララピポ』関連記事

成宮「芸能人としてダメだった」と失態を反省 下ネタ続出の『ララピポ』初日舞台挨拶 画像
レポート

成宮「芸能人としてダメだった」と失態を反省 下ネタ続出の『ララピポ』初日舞台挨拶

“a lot of people”がうごめく大都会・東京を舞台に、負け組の人生を生き抜く6人の男女を切なくも可笑しく描いた『ララピポ』。奥田英朗の同名小説を、個性的な俳優陣を集めて映画化した本作が、2月7日(土)に公開初日を迎え、初メガホンを取った宮野雅之監督はじめ、主演の成宮寛貴、村上知子(森三中)、中村ゆり、吉村崇(平成ノブシコブシ)、皆川猿時、濱田マリら総メインキャストによる舞台挨拶が行われた。

成宮寛貴「東京という街に流されずに、ちゃんと自分を見つめ直すことが大切」 画像
インタビュー

成宮寛貴「東京という街に流されずに、ちゃんと自分を見つめ直すことが大切」

「この世界には二種類の人間しかいない。一生地べたに這いつくばって生きる人間と、そこから抜け出し、高く高く昇りつめる人間」──大都会東京を舞台にした映画『ララピポ』で成宮寛貴演じる23歳の風俗専門のスカウトマン、栗野健治は言う。タイトルの『ララピポ』とは、東京の人ごみを「a lot of people」とぼやいた外国人の言葉を耳で聞いたままに表したものだ。物語の中心となるこの難解な都市「東京」で生まれ育った主演・成宮寛貴に聞く。

成宮寛貴の軽薄さは演技? それとも素? AIの熱唱に会場大興奮 画像
レポート

成宮寛貴の軽薄さは演技? それとも素? AIの熱唱に会場大興奮

東京に暮らす様々な人々がそれぞれの生き方で、大都会を泳ぎ回り、時に沈んでゆく姿を綴った直木賞作家・奥田英朗の同名小説を映画化した『ララピポ』。2月7日(土)の公開を前に1月28日(水)、新宿は歌舞伎町の老舗キャバレー「クラブハイツ」にて本作の公開記念イベントが開催され、主演の成宮寛貴、村上知子(森三中)、さらに本作の主題歌「people in the World」を歌うAIも登場し、大きな盛り上がりを見せた。

page top