『僕らの方程式』作品情報

2008年10月4日 公開の映画作品

あらすじ

シャイで口下手で鉄道オタクの高校3年生の心平(中村優一)はこの日、決死の思いで意中のマドンナ・椿(中別府葵)を放課後の学校に呼び出した。だが、翌日に控えた鉄道模型コンテストのために、コツコツ作り上げてきた鉄道模型を、クラスのイケメンの不良2人組、ワタル(桐山漣)とタカフミ(三浦涼介)に壊されてしまう。心平は、同じ鉄道研究部のトミオ(相葉弘樹)とユウキ(兼子舜)と学校に居残り、徹夜で修復作業に取りかかるハメに…。一方のワタルとタカフミもまた、追試のテスト問題を盗むため、夜の学校に忍び込んでいた。さらに、そこへ椿が心平の呼び出しに応じてやって来て、事態は一転! なぜか心平たちは、椿を誘拐した“凶悪誘拐犯”だと勘違いされてしまう――。

スタッフ

監督

内田英治

キャスト

作品データ

  • 2008年10月4日より渋谷シアターTSUTAYA、シネマート新宿ほか全国にて順次公開
  • 原題
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© 2008/「僕らの方程式」製作委員会
  • 公式サイト
ジャンル
感情タグ
page top