『60歳のラブレター』作品情報

2009年5月16日 公開の映画作品

あらすじ

定年退職を目前に控え、第二の人生をスタートしようとした矢先、孝平(中村雅俊)と専業主婦として家族に尽くしてきたちひろ(原田美枝子)は離婚を決意。互いが別々の道を歩み始めたとき、新婚当初ちひろが30年後の孝平に宛てた手紙が届く…。5年前に愛妻に先立たれ娘と暮らす医師・静夫(井上順)は、麗子(戸田恵子)と出会う。新しい恋に臆病だった2人の元へ思いがけない人から英文のラブレターが届く…。青春時代にビートルズに熱中し、現在は魚屋を営む正彦(イッセー尾形)と光江(綾戸智恵)。ある日、光江に癌が発覚。手術に臨んだ光江が眠る病室で正彦はギターを片手に2人の思い出の曲を弾き語る…。長年連れ添った夫婦が、感謝の言葉をハガキに綴る応募企画「60歳のラブレター」を基に、迷いや焦り、喜びや幸せ、そしてかけがえのない大切な人との絆を描いた感動作。

cocoレビューを見る

スタッフ

監督

深川栄洋

キャスト

  • 中村雅俊
  • 原田美枝子
  • 井上順
  • 戸田恵子
  • イッセー尾形
  • 綾戸智恵

作品データ

  • 2009年5月16日より全国にて公開
  • 原題
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© 2009「60歳のラブレター」フィルムパートナーズ
  • 公式サイト
ジャンル
感情タグ

『60歳のラブレター』関連記事

ビートルズの名曲を熱唱! 綾戸智恵「壇上で人の歌聴くの初めて」 画像
レポート

ビートルズの名曲を熱唱! 綾戸智恵「壇上で人の歌聴くの初めて」

夫婦の間で口に出しては伝えづらい、お互いへの感謝の気持ちを1枚のハガキに綴る応募企画を基に、3組の夫婦のラブストーリーを描く『60歳のラブレター』。5月16日(土)、本作が公開初日を迎え、深川栄洋監督をはじめ、中村雅俊、原田美枝子、井上順、イッセー尾形、綾戸智恵らキャストが一堂に会し、舞台挨拶を行った。

中村雅俊の男の美学「僕らは“強がり”の世代。若い共演者? ライバルですよ!」 画像
インタビュー

中村雅俊の男の美学「僕らは“強がり”の世代。若い共演者? ライバルですよ!」

60歳を迎えて人は何を思い、何を悟るのか。映画『60歳のラブレター』は、いままさに還暦を迎えようとしている人はもちろん、すでに60歳を過ぎた人間、そして、還暦までいまだ数十年を残している若い世代にも、冒頭のような問いを考えさせずにはいられない。それぞれの思いを抱え、60歳を迎えなお惑い、変化していく主人公たち。そのひとり、橘孝平を演じた中村雅俊が、この作品を通じて感じたものとは——?

中村雅俊の愛のメッセージに会場ため息 イッセー尾形と綾戸智恵はほとんど夫婦漫才? 画像
レポート

中村雅俊の愛のメッセージに会場ため息 イッセー尾形と綾戸智恵はほとんど夫婦漫才?

長年連れ添った夫婦が、口に出して言えない思いをハガキに綴るという応募企画「60歳のラブレター」。2000年から毎年募集が行われ、これまでに8万通を超えるはがきが寄せられたこの企画に着想を得て、3組の熟年の男女の姿を描いた『60歳のラブレター』が5月16日(土)に公開される。3月24日(火)に本作の完成披露試写会が行われ、上映後の舞台挨拶に主演の中村雅俊を始め、原田美枝子、井上順、戸田恵子、イッセー尾形、綾戸智恵、そして監督の深川栄洋が登壇した。

page top