『制服サバイガール II』作品情報

2008年12月6日 公開の映画作品

あらすじ

テーマパーク“サバイバルランド”の悲劇から数日後――。無事に生き残った葵(仲村みう)たちは、政府に保護され、病院に隔離されていた。そんな中、葵は仲間をサバイバルランドへ連れて行ったことを激しく後悔し、みんなが犠牲になったことに責任を感じていた。そして、これ以上被害者を出さないために、未だゾンビ化した人間が生存するサバイバルランドへ単身乗り込む。一方、葵の恋人・藍田勇平(白石隼也)は音信不通になった葵を案じ、僅かな手がかりを頼りにサバイバルランドへと向かう。そこで勇平はゾンビ化した人間に襲われ深い傷を負ってしまう。傷を負った勇平を介抱する葵と彼はその日の夜、体を重ねる。翌朝、葵は体に異変を感じる。それは明らかに妊娠の兆候であった。葵は、いつの間にかゾンビ化していた勇平の子供を身ごもったのだった…。『制服サバイガール』シリーズ第2弾。

スタッフ

監督

金子大志

キャスト

作品データ

  • 2008年12月6日よりキネカ大森にて2週間限定公開
  • 原題
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© 2008 アートポート
ジャンル
感情タグ
page top