『シネマ歌舞伎 連獅子/らくだ』作品情報

2008年12月27日 公開の映画作品

あらすじ

「連獅子」―― 親獅子が子獅子を千尋の谷に突き落とし、駆け上がって来た子獅子だけを育てるという故実を、中村勘三郎と息子、勘太郎と七之助が演じた人気演目の一つ。2007年10月、新橋演舞場で行われた舞台を、山田洋次監督がシネマ歌舞伎として、迫力満点の映像で映し出した。 「らくだ」―― フグに当たって頓死した通称“らくだ”の馬太郎。仲間の半次は、弔いの金を用立てようとするが、彼の家には売るものは何も無い。 困った半次は久六を家主のもとに使いに出し、通夜の酒肴を出さないと、死人を担いでカンカンノウを躍らせると脅す。だが家主は、らくだの死を祝いたいと言い、その上カンカンノウを見たいものだと言い出す始末。半次はらくだの遺体を久六に負ぶわせて、2人で家主のもとへ向かう…。古典落語を題材に、中村勘三郎と坂東三津五郎のコンビが演じた笑いの演目。

スタッフ

監督

山田洋次

キャスト

作品データ

  • 2008年12月27日より東劇ほか全国にて順次公開
  • 原題
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット
ジャンル
感情タグ
page top