『テハンノで売春していてバラバラ殺人にあった女子高生、まだテハンノにいる』作品情報

2009年4月12日 公開の映画作品

あらすじ

そのサングラスをかけると男の性欲が見えてしまう女子高生。今晩もテハンノでお客をつかまえ売春していると、そこに担任の先生が! 現行犯逮捕された女子高生は、5万ウォンの「最高級コース」を賄賂に見逃してもらう。そして、情事の余韻に浸りながら、女子高生は先生の子をお腹に宿したと感じる。しかし、先生から雇われたホクロ3兄弟が現れ、女子高生はボコボコに殴られ、ノコギリでバラバラに切り刻まれる。一方で、バラバラにされた女子高生の死体が入れられた袋を謎の老婆が拾う。そしてなにやらミシンで縫い始める。やがて女子高生は元の姿に復元され、新しい命を得て復活する。謎の地下組織の“殺人マシーン”として指令を遂行する中、女子高生は胸に銃弾を受けてしまう。だが死ぬことなく、逆に過去の記憶が甦り、自分を陥れた者たちへの復讐が始まる――。奇想天外なSFエロティック・ホラー・カルトムービー。

スタッフ

監督

ナム・ギウン

キャスト

  • イ・ソユン
  • キム・デトン

作品データ

  • 2009年4月11日より新宿K’s cinemaにてレイトショー公開
  • 原題TEENAGE HOOKER BECAME KILLING MACHINE IN DAEHAKROH
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット
ジャンル
感情タグ
page top