『ウルルの森の物語』作品情報

2009年12月19日 公開の映画作品

あらすじ

母・夏子(桜井幸子)の入院をきっかけに、父・大慈(船越英一郎)の暮らす北海道に行くことになった昴(桑代貴明)としずく(北村沙羅)の兄妹。ほとんど生活を共にしたことのない父との生活に兄妹は戸惑うが、美しい大自然や野生動物たち、周りの人々との出会いや触れ合いによって、寂しさは徐々に消えていく。そんなある日、しずくは一人ぼっちのオオカミに似た子犬に出会う。“ウルル”と名付けたその子犬との幸せな日々を送っていた折、野生動物保護協会の長谷部(光石研)が訪れ、ウルルは絶滅したはずのエゾオオカミの子供の可能性が高く、しかるべき機関で預かるべきだと主張する。昴としずくは、ウルルを母親オオカミの元へ返そうと、「オオカミの国」と呼ばれる伝説の“ホロケシ”を目指して旅に出る――。『マリと子犬の物語』のスタッフが贈る、オオカミの子・ウルルと家族の絆を描いた感動作。

スタッフ

監督

長沼誠

キャスト

作品データ

  • 2009年12月19日より全国東宝系にて公開
  • 原題
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© 2009 「ウルルの森の物語」製作委員会
ジャンル
感情タグ
page top