『E.YAZAWA ROCK』作品情報

2009年11月21日 公開の映画作品

あらすじ

1972年、日本の音楽シーンは、平和を歌うフォークの全盛期。そんな中、リーゼントに革ジャン、黒ずくめのファッションで矢沢はR&Rバンド「キャロル」を率いて衝撃のデビューを果たす。解散後、ソロ・アーティストの道を選んだ矢沢は、会場使用拒否など、立ちはだかる様々な障害と戦いながら、名実ともにトップスターへと登りつめる。そして、更なる高みを目指し自分の音楽を追求し続け、武道館100回公演という偉業を成し遂げる。観客の心を鷲掴みにし、熱狂の頂へ誘うダイナミックなステージングを収めたカメラは、一転、舞台裏へ入り込み、素顔の矢沢を追いかける。野心に満ちた目で夢を語る若き日の矢沢と、いま、60歳を迎えた矢沢が先に見ているもの。貴重な未公開映像の数々が、30年間の歳月を映し出す――。

スタッフ

監督

増田久雄

キャスト

  • 矢沢永吉

作品データ

  • 2009年11月21日より全国東映系にて公開
  • 原題
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット©2009 映画「ROCK」製作委員会
ジャンル
感情タグ

『E.YAZAWA ROCK』関連記事

page top