『真幸くあらば』作品情報

2010年1月9日 公開の映画作品

あらすじ

南木野淳は、遊ぶ金欲しさに空き巣に入った家で、居合わせたカップルを衝動的に殺害してしまう。一審で死刑を宣告された彼だったが、検察と争うことを是とせず、弁護士が提出した控訴を自ら取り下げ、そのまま死刑囚として投獄される。ある日、そんな彼に美しいクリスチャンの女性が面会に訪れる。川原薫と名乗るその女性は、淳が殺した男性の婚約者だった。淳が忍び込んだのは、薫とは別の女性と逢引をしている現場だったのだ。婚約者を殺害した憎むべき男であるとともに、婚約者の不実を暴き、それを裁いた男。薫は何故か、そんな両義的な存在である淳に惹かれはじめていく。そして、幼いときから愛を知らずに育った淳も、薫によって生きる喜びを知り、ひとを愛する喜びに目覚めてゆく。厳重な監視が付く面会室、アクリル板越しでしか会うことができない状況の中で、互いに求め合う二人は、薫が差し入れる聖書に小さな文字で書き込みをし、互いの思いを伝えあう「秘密の通信」を開始する――。

スタッフ

監督

御徒町凧

キャスト

作品データ

  • 2010年1月9日より新宿バルト9ほか全国にて順次公開
  • 原題
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット©2009 「真幸くあらば」製作委員会
ジャンル
感情タグ

『真幸くあらば』関連記事

死刑囚との期限付き純愛『真幸くあらば』公開 ミッキー・カーチス「覚悟して観ろ!」 画像
レポート

死刑囚との期限付き純愛『真幸くあらば』公開 ミッキー・カーチス「覚悟して観ろ!」

強盗殺人で死刑判決を受けた男と、彼の犯罪の被害者の婚約者だった女との間に育まれる“愛”を描いた究極の純愛ドラマ『真幸くあらば』(まさきくあらば)が1月9日(土)に公開を迎えた。初日の舞台挨拶に主演の尾野真千子と久保田将至をはじめ、ミッキー・カーチス、監督の御徒町凧、そして本作で自身初となる映画の音楽監督を務めた森山直太朗らが登壇した。

尾野真千子インタビュー 「ここで隠したら一緒になれない気がした」と“覚悟”明かす 画像
インタビュー

尾野真千子インタビュー 「ここで隠したら一緒になれない気がした」と“覚悟”明かす

空き巣に入った家で、カップルを衝動的に殺した死刑囚。彼の元に面会に訪れる一人の女性。彼女は被害者の男性の婚約者であり、被害者男性は別の女性との逢瀬の最中に殺害されたのだった。死刑囚と婚約者を殺された女性。その2人の間に愛が芽生えたら——。『真幸くあらば』はまさに“究極”と呼ぶにふさわしい、純愛を描いた作品。タイトルはかつて謀反の罪で捕らえられた有間皇子が刑死間近に詠んだという歌から取られている。自分の婚約者の命を奪うと同時に、その不実をも明かした死刑囚に心惹かれていくヒロインを演じたのは尾野真千子。深遠なる感情表現と共に、体を張ってこの純愛を体現した。一見、ありえないと思えるこの2人の関係を、演じた尾野さん自身はどのように捉え、表現したのか?

page top