『アブラクサスの祭』作品情報

2010年12月25日 公開の映画作品

あらすじ

かつてミュージシャンだった浄念(スネオヘアー)は、福島の小さな町の禅寺で、妻の多恵(ともさかりえ)と息子・理有(山口拓)と静かに生活している。彼には音楽への狂おしい思いから、うつ病患者として入院した過去があり、薬を飲みながら病気と向き合う日々を送っていた。ある日、ふとした事から浄念は自分の中に「音楽」への執着が残っていることに気付く。周囲の反対を押し切り、ライヴ実現へ向け準備を進める中、協力的だった庸平(ほっしゃん。)が自殺をしてしまった。ショックのあまり浄念は自分をコントロールできず、かつて自殺未遂を起こした海へと出かけていくが――。

スタッフ

監督

加藤直輝

キャスト

作品データ

  • 2010年10月9日より福島県にて先行公開、12月25日よりテアトル新宿ほか全国にて順次公開
  • 原題
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© 「アブラクサスの祭」パートナーズ
ジャンル
感情タグ

『アブラクサスの祭』関連記事

スネオヘアー インタビュー 「演技に向かいながらどこかでライヴを感じてた」 画像
インタビュー

スネオヘアー インタビュー 「演技に向かいながらどこかでライヴを感じてた」

ミュージシャンが出演している映画はなぜ面白いのか? 上手さや安心感以上に彼らが醸し出す、何とも言えないあのワクワクするような感覚は何なのか? 先日より公開中の『アブラクサスの祭』も然り。そのメロディセンスはもちろん、独特のパフォーマンスで人気を博しているスネオヘアーが、まさかの剃髪を行い悩める僧侶の役を演じ、唯一無二の不思議な存在感をスクリーンから発している。そもそも「スネオヘアーが坊主」という時点で何かが矛盾しているような…。公開を前に本人を直撃した!

スネオヘアー&ともさかりえ揃って登場! 結婚報道を牽制も「不思議な幸福感」明かす 画像
レポート

スネオヘアー&ともさかりえ揃って登場! 結婚報道を牽制も「不思議な幸福感」明かす

ウツ病を抱えた僧侶が音楽をよりどころに、妻や周囲に支えられながら“再生”する姿を描いた『アブラクサスの祭』が12月25日(土)、公開初日を迎え、映画初主演を果たしたミュージシャンのスネオヘアー、僧侶の妻を演じたともさかりえ、共演の村井良大とメガホンをとった加藤直輝監督が東京・テアトル新宿舞台挨拶に登壇した。

村井良大インタビュー  “悩まない22歳”の進む道 画像
インタビュー

村井良大インタビュー “悩まない22歳”の進む道

10代、特に高校生の時期というのはあれやこれやと思い悩むもの。恋や友情に始まり、将来、自我に至るまで答えの出ない問答を繰り返し…いや、10代どころかいい年になっても同じような悩みに振り回されるのでタチが悪いのだが…。映画『アブラクサスの祭』はまさに、若い頃からの懊悩(とウツ)を引きずった僧侶が“音楽”によってそれを取っ払おうとする姿がユーモアたっぷりに描かれる。芥川賞作家で自身も僧侶の玄侑宗久による同名小説を映画化した本作で、映画オリジナルの登場人物である高校生の隆太を演じているのは、「仮面ライダー」シリーズやミュージカル「テニスの王子様」などで注目を浴びる22歳の新鋭・村井良大(りょうた)。つい数年前まで10代だったとあって、さぞや村井さんの頭の中も悩みに満ち溢れているだろうと思いきや…。

ともさか 熱愛報道のスネオヘア—と福島映画祭に登場 画像
レポート

ともさか 熱愛報道のスネオヘア—と福島映画祭に登場

女優のともさかりえ、歌手のスネオヘアーが9月25日(土)、福島県国見町観月台文化センターで開催された「福島こどものみらい映画祭2010」で、共演映画『アブラクサスの祭』(加藤直輝監督)の舞台挨拶に揃って出席した。

page top